佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

社長ブログ

僕のメリー
投稿日:2015年05月30日

2007年07月18日



僕のメリー

メリーは私が小学校4年の頃、初めて飼ってもらったスピッツの犬の名前です。
非常に賢い犬で、僕の言葉をかなり理解出来ました。
当時は飼い犬も放し飼いが出来る良き時代でした。
メリーがある日、口に竹の棒を巻いた白い飴(何飴と言うのか思いだせません)をくわえて帰ってきました。
そして土の中に埋めました。
きびすを返すように、又どこかに出かけて行きます。
今度はイカのたれ焼き?を口にくわえて、お尻を振りながら得意満面で帰ってきて
同じように土に埋めます。
僕が「メリー何処から盗ってきよるん?」尋ねると「ついて来て」
と言わんばかりにそそくさと出かけて行きます。
後からついて行くと近所の駄菓子屋に入って行きました。
メリーは駄菓子が入っているビン(昔は丸い口のビンに色んな駄菓子を入れて売ってました)に、鼻を突っ込んで菓子を取ってはせっせっと、運んでいたのです。
駄菓子屋のおばさんに「メリーが飴やイカを盗ったのでお金払います」と
言いました。
するとおばさんは「メリーが店の中をチョロチョロしていると思ってたんじゃが」
と苦笑いされました。
それからもメリーの盗癖は?やまず食パンやアンパンやら、
色んなものをくわえて来ては、土の中にせっせと埋めます。
その度にお店にお金を払いに行くのが大変でした。
知らん顔していて、佐々木は犬に色んなものを盗ってこさせている。
なんて思われては大変なので・・・・・
ある日大きな肉のブロックを口にくわえて来るではありませんか 肉を取り上げて近所の肉屋さんに持って行き、「済みませんうちの犬がこの肉をくわえて持って帰りました。お金を払います」と言うと「それは多分配達の車から盗ったものでしょう。お金は良いです。ワンちゃんに食べさせてあげて」と言われました。
何回かに分けてメリーに食べさせました。
一回だけ妊娠して子犬を6匹も産みました。
それも黒、黒しろの斑とか雑種の子犬を・・・・
父親は片目の黒い大きな雑種の野良犬でした。
何故かサカリがついてる時、他の犬は寄せ付けないのに、
その犬だけはメリーのお気に入りのようでした。
子犬はいろんな人に頼んで何とか貰って飼って頂きました。
メリーはその後住んでた家の裏の畑で、毒饅頭を食べ死にました。
当時雇っていた左官さんが早朝「大変だ、メリーが畑の中で死んでいる」と知らせに来てくれたので、僕があわてて言ってみると、口から血を流して死んでました。
畑の持ち主は近所でも変わり者の人間で、
近所の子供は畑に隣接した空き地でよく野球をしていたのですが
たまにボールが畑に入ると意地悪をしてボールを返してくれない様な
人間でした。
役所勤めから、後に設計事務所を開設されましたが、
やはりとんでもなく変わり者と評判でした。
恨み骨髄、今でもメリーの事思い出すと、
口から血を流して死んだ情景が思い出されて
悲しみとともに、毒饅頭を畑にまいたおじさんに怒りを覚えます。 そのおじさんも犬を飼ってました。 愛犬を失った悲しみは、ペット飼ったことのある人ならわかりますよね。


ページ先頭へ
リフォームの種類
投稿日:2015年05月29日

リフォームの種類

新築の着工数が少子高齢化に伴い減少して行くのは間違いのない事実です。

年間に1万戸近くやる大手プレハブメーカーはその対策にすでにリフォームに

事業を転換していく方向の様です。

自分の所で新築してきた物件数も半端ではない数ですから~

しかしそのリフォームは部品交換型リフォーム、太陽光発電、太陽電池といった最新設備を新たに搭載させる

外壁の明装屋根の葺き替えなどが主です。

はたしてそれで本当に満足いくリフォームになるでしょうか?

それぞれの住宅の現状の不満をヒアリングして本格的な改善型リフォームにしないと

部品交換型リフォームでは一部が便利になった、綺麗に模様替えできただけでは

また数年たつと不満が出てきたりするものです。

何かを交換するだけでは得られない安全・快適・長寿命を実現する本質改善型のリフォームをお勧めします。

ご興味のある方は下記のリフォームサイトを見て下さい。

http://www.yumeshokunin.com/

ページ先頭へ
りきくんとベッド
投稿日:2015年05月28日

150528_034854
昨夜床で寝ていたりき君がいきなりジャンプして
私の寝ているベッドに飛び乗って来ました。

60センチもある高さをです。
びっくりしました。

2階では床に置くローベッドの上でりき君は私と一緒に寝てました。
リキ君一緒に寝たかったのでしょう・・・・

足が弱くなり階段の上り下りが難しくなり1階に寝ることにしました。

上り下りの為にベッドのそばにウッドデッキに置いていた椅子を
とりあえず並べてやりました。

ページ先頭へ
東雲本町の家 洋瓦葺き
投稿日:2015年05月27日

東雲本町の家 洋瓦 棟巻き

5月16日に上棟した東雲本町の家のK様邸です。
石州瓦の洋瓦のオレンジを葺いています。

石州瓦は焼成温度が高くて耐久性、耐寒性に優れています。
石州瓦は島根県産です。

広島県でも県北の和風住宅は瓦は殆ど石州瓦です。
本日サッシも一時搬入されました。

 

ページ先頭へ
神戸の思い出
投稿日:2015年05月26日

神戸の思いで

写真は私が神戸の北区南五葉の鈴蘭台の高級?文化住宅に住んでいた頃の写真です。

次男の寛明が生まれたばかりで長男の順一郎は3歳くらいでしょうか?

親父とおふくろが神戸に遊びに来たました。

神戸牛を食べさせてあげれば良かったのですが・・・・

建設会社の現場監督をしていた私です。

安サラリーですから神戸牛のステーキは無理でした。

夜はチャシュウーが山ほど盛っているラーメンを食べに連れて行った記憶があります。

翌日は神戸の六甲山や神戸の異人街などにも連れて行ってあげました。

当時親父が65歳でお袋が54歳頃でしょうか?

私も今65歳です。

親父はバリバリの現役でスーパーマンでした。

私もまだまだ頑張らねばと思います。

 

ページ先頭へ
孫とりきくんの散歩に行きました。
投稿日:2015年05月25日

150524_060754 150524_061039 150524_054351
六日市在住の孫順悠と、リキの散歩に行って来ました。
私が散歩に行こうとしていると
1階の寝ている部屋から顔出しました。…

「おじいちゃんリキの散歩行くん?僕も行く~」
「お母さんに行っても良いか聞いてみんさい」

まだ5時半前です。
一緒について来ました。

行く道すがら色んな事を面倒くさいくらい聞いて来ます。
最初の頃は真面目に答えてましたが・・・途中わざとふざけた答えをすると
それに対してまた質問攻めです・・・ニコニコ~

事務所に帰りいつもの様にブラッシングしてやりました。
名カメラマン?の孫の順悠に写真撮って貰いました。

ページ先頭へ
後悔しない家づくりの秘訣
投稿日:2015年05月25日

後悔しない家づくりの秘訣

家づくりでいちばん大切なものは何だと思われますか?

それは家族間での十分な話し合いです。

子育て世代さんの家ではご夫婦お二人の意志の疎通で良いですが・・・

親世帯との同居の場合は4人でのお話合いとなります。

弊社では家づくり夢リストと言う書式があります。

それにまずご主人さん奥さんが自分が家づくりに実現したい事を頭に思いつくままに

書いて頂きます。

生まれ育った地域も住宅も違うご夫婦では実現したいリストは多くは違います。

書き上げたあとに優先順位の番号をつけて貰います。

殆どの方は5番目くらいまでは明確に優先順位つけれますが

それから以降は順番は曖昧になってしまいます。

それからご主人さんと奥さんのリストを私が優先順位をみながら1枚にまとめます。

専門家の私がなぜまとめた方が良いかと言いますと・・・

両方の希望を同時に実現出来ないものがあるからです。

この夢リストでチェックして置くことが後悔しない家づくりの第1歩です。

興味のある方は下記の住まい塾をご受講下さい。


http://www.sumaijyuku.com/

ページ先頭へ
アロフトと六日市の孫
投稿日:2015年05月24日

150523_080359 150523_080438
5月22日に六日市の長男一家が
泊まりに来ました。
5月22日のナイターのチケットを買っていて
ヤクルト戦を見に行きました。
私が球場まで自宅から車で送ってやりました。

ナイターは広島の菊地選手の劇的な
サヨナラホームランで勝ちました。
家に帰って来たのが11時過ぎだった様です。
試合が終わりゆっくり歩いて帰った様ですが
息子は飲みすぎてふらふらで、
子供に手を引っ張られながら帰って来たようです。
私はもう寝てましたが・・・・・

翌朝いつもの様に孫をアロフトに
パンを買いにつれて行ってやりました。

ページ先頭へ
りきくんと階段
投稿日:2015年05月22日

150521_052934 150521_053327 150518_055224

柴犬のリキ君は今年の10月15日で15歳になります。
現在14歳7か月です。

人間で言えば75歳位でしょうか?
最近階段上り下りが苦になる様です。
散歩の声をかけると待ってましたとばっかりに
飛び回る様に喜びます。
しかし階段の前に来ると悲しそうに甘えた様な声で鳴きます。

階段を下りるのが怖いようです。
おそるおそる1段1段おります。
途中で止まる事もあります。
下から5段目位からは一気におります。

階段と1階のホールは足が滑らないように
去年の暮れにタイルカーペットを敷いてやりました。

もうそろそろ2階の生活は無理の様です。
私が1階の今は亡きおふくろが寝ていた寝室に移り
リキと暮らそうと思っています。

ページ先頭へ
2代目社長
投稿日:2015年05月21日

2007年06月08日



2代目社長

私は昭和25年生まれの寅年です。
瀬戸内海に浮かぶ能美島の沖美町是長で生まれました。
温暖な自然環境と、人柄の優しい土地柄に育まれながら
4歳まで島で過ごしました。
4歳の時島で建築の請負やっていた親父が一旗上げようと
家屋敷を売り払い一家で広島に移りました。
その頃の親父は日曜も祭日も無くいつも仕事していました。
工務店といえ個人企業、大工さんも抱えてましたが、
親父自ら大工仕事もしてました。
長男と言う事もあり、私は小学生4年生の頃から、
現場の清掃、片付けを手伝わされていました。
その頃はまだ子供、時間の経つのが、気の遠くなるほど遅く感じられ、
ちょっと仕事をしては、大工さんに「今何時頃?」と聞いたものです。
そして舌の根も乾かぬうちに、すぐ又大工さんに「今何時?」聞いては
「徹君まだあれから1時間も経って無いよ、
休憩までまだ大分あるから」と失笑されてました・・・・
この頃のエピソードは又の機会に書きます。
8年も前のブログです。

ページ先頭へ
更新情報
更新情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ