佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

社長ブログ

舞ちゃんのこと
投稿日:2011年06月29日

舞ちゃんと言うと誰かと思われる向きもあるかと思います・・・

無論私の若い愛人ではありません。(つまらん事言うなですが・・・・)

2011年の技能国際大会の西洋料理代表の能島舞さん22歳です。

調理の専門学校を200余名の中を首席で卒業されたようです。

調理も職人の世界、昔ながらの厳しい世界だと思います。

まして若い女性ですから苦労も生半可じゃあないでしょう。

建築の大工さんの世界も厳しいですが・・・・

6月28日にその能島舞ちゃんの料理を愉しむ会に参加しました。

師匠のシェフのお話では舞ちゃんは休み返上で今度の世界大会に向けて

日夜研鑽しているようです。

料理はさすが日本代表ではあるなというほど美味しく頂きました。

イギリスのロンドンで世界大会があるようです。

費用も自己負担になるようです。

フェイスブック仲間で片田さん三田さんが主に音頭を取られて

第1回が20名の参加で行わました。

今回参加させて頂いて、こういう繋がりが出来るんだと、フェイスブックの新たな良さを実感しました。

私もできる限り能島舞さんを応援したいと思います。


ページ先頭へ
1番病
投稿日:2011年06月24日

フェシスブックを始めてかれこれ1か月になります。

最初程ではありませんが今でも3時間くらいは開いています。

最初は商売に結び付けようと言う思いでしたが・・・

住宅業界でフェイスブックを結びつけるのは難しい様です。

しかし全国の色々な年齢、また職種の方と友だちになりコミュニュケーションを

図るのは大変勉強になります。

そこでの情報ですが1番病という雑誌に載ったコラムをご紹介します。

私なりに書いてた事を勝手に要約致します。

日本社会は昔から一部のエリートによって支配されてきた。

昔は一高東大を1番で卒業すれば日本社会の中枢で日本を動かせた。

勉強が出来る人は記憶力は抜群である。

答えがある問題を解くのは得意中の得意である。

このたび東北の原子力事故でエリート集団である東京電力の右往左往ぶり何故起こるのか?

当然東電の重役は子供の時から勉強もできてエリ-トコースをひたすら歩んで来て東電に入ったはずです。

そのエリート集団の中でも選ばれたエリートが重役になっています。

彼らは挫折を知りません。

すべて順風満帆の中を歩んできたわけです。

だから想定外の出来事記者会見で罵倒される。

避難所で土下座をしなくてはいけない!

今までの人生で初めての挫折を味わう・・・

頭がパニクリ対応策がすぐに出せない・・・

今、日本は想定外の方向へ向かおうとしています。

こういう時代には「1番病のひと」には対応出来なくなっている様です。

ページ先頭へ
富士山麓での新入社員の合宿訓練
投稿日:2011年06月13日

もう40数年も前の思い出です。

大学を卒業して私は東京が本社の中堅のゼネコンに就職しました。

静岡の(多分?)富士山麓の訓練所4日と

東京の代々木のオリンピックセンターで3日

計7日間の新入社員の教育が有りました。

一社だけでなくて何社かの合同の新入社員の教育でした。

富士山麓の訓練所では朝5時起床身の回りの整理から

歯磨きトイレ朝食まで分単位で決められスパルタ教育で

途中で脱落脱走するものも出てきました。

班単位の団体行動、一人でも規則を破ったものが出れば

連帯責任でみんなが罰で走らされたり

腕立て伏せをされられたりで、まるで軍隊見たいでした。

朝礼の時に班長が点呼を取り報告するのですが

「第一班15人中一名行方不明」なんて報告すると

一同クスクス笑い

すると鬼軍曹みたいな赤ら顔の教官が「貴様ら何が可笑しい」

と怒ります。

夜20キロくらいを行軍したり山登りをさせられたりで

酷い目にあいました。

今では懐かしい思い出ですが・・・・

あの時に厳しい訓練に耐えられず脱走?した5人くらいの

人も今や高卒で57歳大卒で61歳今いずこで何を

しているのでしょうか?

フェイスブックのファンページが見れます。

下記をクリックしてください。

http://www.facebook.com/sasakijun1937?sk=app_109770245765922


弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

無垢材と自然素材で造る本物の健康住宅の勉強会です。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ

 

 









ページ先頭へ
物忘れが進行しています。
投稿日:2011年06月10日

私は昭和25年生まれです。

 

去年還暦を迎えました。

あっと言う間に60年が過ぎました。

物忘れがどんどん進行して行きます。

昔は仕事の段取りやお客さんとの約束、打ち合わせ日は

すべて頭の中に入ってました。

最近では手帳に書いてある事でさえ、ええ!これは何だったかな?

そんな事がたびたびです。

若い社員からも「社長それは報告しました」

時々そんな事さえあります。

う~ん聞いた覚えがないがなあ~

記憶がどんどん消えて行きます。

ボケるには早すぎるのですが?

良いボケ治療の薬、御存じないですか?(笑い)

いや笑っている場合ではありません!

61歳にもなってフェイスブックやってる人は少ないですが始めました。

下記をクリックすれば見れますよ!

またホームページからも入れますよ!

是非一度見て下さいね。

http://www.facebook.com/profile.php?id=100002301688454 

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

無垢材と自然素材で造る本物の健康住宅の勉強会です。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ

 

 




ページ先頭へ
汗をかく
投稿日:2011年06月7日

私の親父は一昨年91歳で亡くなりなした。

仕事が趣味のような男で幼心にも日曜祭日も無く

仕事をしていた記憶が有ります。

一線を離れても倉庫のかたずけ、残材の整理、

木材を処分するとお金がかかるので集めて倉庫で燃やしてました。

時々近所から苦情の電話があり困りました。

私が「昔と違い今は物を燃やす時代ではないのだから近所迷惑だから燃やしんさんな」

といくら注意しても「それがどうしたんな」と言ってなかなかやめてくれませんでした。

親父は昔私が高校生の頃

「徹、世の中頭使って飯を食うか、体を使って汗を流して飯を食うか

二つに一つしかないぞ」と言いました。

さらに「頭だけで世の中を渡るには余程頭が良くないと無理だ。

お前にその頭が有るか?」とも言われました。

それほど頭が良くない私に親父は汗を流して働く事の大切さを教えてくれました。

我々建設業界は一人一人の職人さんの汗と技で建物が造られて行きます。

私の次男も今大工さんの修行で毎日汗水たらして働いています。

これかの季節は湿度の高い暑さの日がやって来ます。

外で体を使って働く人にとっては大変だと思います。

クーラーの効いてる所で働ける人は感謝しましょうね。

61歳にもなってフェイスブックやってる人は少ないですが始めました。

下記をクリックすれば見れますよ!

またホームページからも入れますよ!

是非一度見て下さいね。

http://www.facebook.com/profile.php?id=100002301688454 

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

無垢材と自然素材で造る本物の健康住宅の勉強会です。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ

 

 




ページ先頭へ
お蔭様でフェイスブックのURLが取れました。
投稿日:2011年06月4日

フェイスブックを始めて20日足らずです。

何事にも熱しやすい私はこの3週間くらい1日で

フェスブックを8時間近く開いていました。

今年61歳の私です。

出身高校、出身大学での同級生は高校でクラスが違ったU君ひとりでした。

何しろ日本では45歳以上の利用者はまだ7パーセントとか!

中小企業家同友会に最近再入会しましたので、

昔の知り合いの人から何人かなって頂きました。

ITの会に付き合いで入っていたのでそこからもなってもらいました。

法人会からも青年部の人がいたので友だちのリクエストしました。

全てその人のプロフィールを読んで共通点のある人ばかりに送りました。

友だちリクエストに明け暮れる毎日でした。

友だちになってくれた人には勿論コメントをつけてお礼のご挨拶・・・・

リクエストだけ送られて来る人は基本的に無視しました。

友だちが増えて来ると友達同士の波状効果でスムーズに集まり始めました。

また友だちになってくれた人にはいいねボタンだけではなくコメントをなるべく

つける様にしました。

こういうことは昔からこまめな性格でした。

ビジネスページは最初から専門の業者にこちらの意向を

伝えて製作してもらいました。

立ち上げて1週間くらいはいいねボタンが6個くらい・・・

これではいけないと個人のページにファンページの紹介をしたら

2日で25個のいいねボタンを頂きました。

ビジネスページのURLがおかげさまで取得出来ました。

協力いただけた人に心よりお礼を申し上げます。

フェイスブックのビジネスページは下記より見ることが出来ます。

是非一度ご訪問下さい。

http://www.facebook.com/sasakijun1937

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

無垢材と自然素材で造る本物の健康住宅の勉強会です。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ

 










ページ先頭へ
Yおばさんの葬儀
投稿日:2011年06月3日

昨日6月2日のYおばさんの葬儀に弟夫婦と参列しました。

前日の雨から今日は打って変わって晴天です。

大勢の人に見送られて96歳まで」天寿を全うされたおばさんでした。

菩提寺である長徳寺のご住職は通夜の法話で言われました。

「こう言う生き方もありますよ」とわれわれに示してくれた。

伴侶を亡くしてからは独り暮らしをしていました。

毎朝菩提寺の長徳寺さんの早朝のお参りを晩年足を患う

までは毎朝欠かさず続けていたそうです。

畑仕事をしながら毎日を暮らして来られました。

このたびも先日まで庭の草むしりを終えて普通に草むしりをされた様です。

子供たちお孫さん達にみとられての96歳の人生を大往生されました。

小さい時からお世話に成り続けたおばさんのご冥福をお祈り致します。



ページ先頭へ
お世話になったおばさんの葬儀
投稿日:2011年06月2日

6月2日今日は子供の頃から大変世話になったおばさんの葬儀があります。

昨日は通夜がありました。

きょうだい3人夫婦が弟の車一台で行きました。

車の中で昔おばさんに子供の頃からお世話になった話をしました。

私は知りませんでしたがおばさんは若い頃に森永製菓の社長さんの家に

お手伝いさんとして奉公した事があるようです。

おばさんに贈る言葉を書きました。


突然の悲報をお聞ききして心より驚いております。

 

おばさん今まで本当にお世話になりました。

 

小さい頃には休みの度に遊びに行かせて貰いましたね。

 

夏休みには1週間以上もお世話になりました。

 

それでも嫌な顔ひとつせず、私ら兄弟の面倒を見て頂きました。

 

また親父が能美島でひとり暮らしをする様になってからは

 

親父の面倒を親身になって一生懸命見て頂きました。

 

本当にありがとうございました。

 

私の親父そしてお袋が続けてなくなりましたが

 

私が能美島に帰りおばさんの所に顔を見せる度に

 

「徹君、今、商売の方は何処も大変みたいだけど頑張りんさいね」

 

と、いつも励まして頂きました。

 

おばさんの言葉がどれだけ私にとって励みになった事でしょうか!

 

兄妹の中でも親父と一番仲の良かったおばさんです、

 

極楽浄土で親父と昔話にまた花を咲かせて下さいね。

 

心よりおばさんのご冥福をお祈り致しております。

 

 

       佐々木徹


ページ先頭へ
おばさんが亡くなりました
投稿日:2011年06月1日

昨日会社に電話がありました。

能美島にいる従兄からでした。

「徹君お袋が亡くなったんよ」

聞いた途端に私は声が詰まりまともに話せなくなりました。

斎場と通夜、葬式の日時を書きとめるのがやっとでした。

姉と弟に電話しようと思いましたが涙がこみ上げて来て

電話が出来そうにありません。

女房に代わりに知らせて貰いました。

しばらくの間涙がとめどもなく頬を伝わり流れ出して来ました。

おばさんには子供のころから大変可愛がって頂きました。

私の親父のすぐ下の妹にあたります。

能美島にひとりで住んでおられました。

享年96歳でした。

非常にしっかりされていて驚くほどの記憶力でした。

私の子供の名前も覚えておられました。

甥っ子のお嫁さんの名前や子供の名前まで90歳を過ぎて

覚えられるでしょうか?

私の子供なんかお盆の時に一度会うくらいの頻度です。

晩年私の父親が能美島に終の住み家を建ててひとりで

住むようになってからはおばさんに大変お世話になりました。

掃除をしてくれたり、おかずを作って持ってきてくれたり・・・・

親父の兄弟は8人いましたが、一番このおばさんと仲が良かった様です。

子供の頃夏休みには兄弟3人が1週間くらい

広島から能美島のおばさんの所で泊まっていました。

他の親戚は子供心にも居心地が悪かったのでしょう・・・

いつもこのおばさんの家で厄介になりました。

能美島帰ると必ずおばさんの所に顔を見せに行きました。

親父が死んでからは、行くたびに

「徹君!商売の方は今は大変だろうけど頑張りんさいよ」と

励まして貰いました。

親父とお袋を7年前に10カ月の間で無くしてからは

おばさんは私の心の支えでした。

悔いが残るのはここ数年は仕事が忙しくて能美島へは1年に

2~3回しか帰れませんでした。

親父と大変仲が良かったので極楽浄土で再会して喜んでいると思います。

今日は能美島の斎場で行われる通夜に兄弟夫婦で参列して来ます。









ページ先頭へ
更新情報
更新情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ