佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

社長ブログ

住風土研究会の福井研修会
投稿日:2010年11月30日

11月28日・29日と福井まで車で行きました。

住風土研究会の研修会です。

今回は私と専務と現場監督の北君と3人で行きました。

行きはほとんど専務が運転しました。

帰りもほとんど専務がして眠くなると北君が運転交代しました。

私は一度もハンドルを握りませんでした。

と言うより危険が危ないので運転させて貰えませんでした。

私は高速道路を運転するとすぐ眠くなるのです・・・・

福井では住まい工房さんのスタイルの違う住宅を

2軒見学させて頂きました。

一日目は連合設計さんの設計による北陸のコートハウスです。

天井高さは2200ミリで統一されています。

下がり壁はひとつもなくて窓の上はハメ殺しの透明ガラスなので

すべてが広がり空間で見通せます。

壁もすべてが仕上げや色あいが統一されています。

2200ミリの天井高さがひとつも低く感じられないのが不思議でした。

二日目の住宅は自社設計の2世代住宅の福井の町屋でした。

昔ながらの真壁造りの家づくりの中に新しいモダンさもあり

素晴らしい家でした。

すまい工房さんの家は杉材にこだわった家造りです。

杉の大きな丸太から柱や梁材また造作材までを取ります。

建具の材料も建具屋さんに提供されます。

今回の住宅の建具は赤味の柾目材で素晴らしく上品でした。

2階は芯張工法で造られていました。

30ミリの上小節の杉板に柿渋を塗っていました。

柱や梁は真っ黒なドイツのプラネットの浸透性の塗料を塗られていました。

間接照明で照らしだされる芯張と天井材は大変幻想的な美しさがありました。

いたるところに考えられた納まりの美しさがありました。

ため息が出るほどに素晴らしい住宅でした。

これほどのレベルの高さは広島の住宅会社にはありません。

もっともっと切磋琢磨しなければならないと思い知らされた

有意義な二日間の研修でした。

PB280007














天井高さ220センチだけどまったく低く感じません


PB290104














芯張り工法の斜め天井板柿渋塗りです。


弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ







ページ先頭へ
家が呼吸をする
投稿日:2010年11月29日

長い1300年という日本の建築文化の中で考えると日本の家づくりが

在来工法という伝統工法と違う工法が取り入れられてわずか40年です。

しかしこの40年間で住宅の建てられ方が大きく変化しました。

住宅が工場で量産化されて部品パネルを組み立てるというまるで

自動車を作るような方法です。

また在来工法も新建材や集成材、塩化ビニール製品などが

主に使われる様になりました。

昔の様に木と草と土と紙等の様な自然素材が使用されなくなりました。

省エネ住宅の御旗のもとに高気密高断熱化された

合板だらけ塩化ビニール製品だらけの住宅にシックハウスが生まれて

社会的問題になり多くの訴訟も発生しました。

省エネ住宅を推奨してきた国も慌ててシックハウス法を制定して

24時間の強制的な換気システムの導入を法律化しました。

1日に家の換気を12回入れ替えようとしたわけです。

しかし大人で1時間に30立方メートルの空気が必要とされます。

たとえば寝室に大人二人で寝ると1時間に60立法メートルの

新鮮な空気が必要になります。

6畳の寝室だと天井高さが2,4メートとすると大体24立方メートルです。

60を24で割ると2,5回です。

1時間に部屋の換気を寝室だと2,5回入れ替える必要があります。

自然素材を使っていればまだ良いのですが・・・

集成材やビニールクロスまた構造体に鉄や合板やコンクリートを

使っていると家自体が呼吸をしないので最悪です。

昔の土壁の原理を応用した透湿構造にすれば湿気も有害物質も

壁を通して外に出せます。

棟梁が考えたWB工法に興味のある方は下記をクリックして見てください。


https://www.sjk.cc/pastblog/a03





ページ先頭へ
何処に行くのやら
投稿日:2010年11月28日

民主党の管総理大臣への支持率は急降下して

20パーセント台まで落ちました。

不支持の主な理由はリーダーシップの欠如です。

一国の総理大臣にリダーシップが欠如していると

世論調査で言われてはなんともしがたいですね。

尖閣諸島問題、北朝鮮問題、年金問題、政治主導・・・・・

確かに管さんの指導力には疑問ですね。

仙石内閣と揶揄されるくらい女房役の

仙石官房長官の方が目立ちます。

その仙石さんも失言が多くてとうとう問責決議案

なるものが可決された様です。

総理の器という本があった様な気がします。

小泉総理大臣以降はどうも総理大臣の器のない人が

総理大臣に就任された様です。

いずれも短命内閣になりました。

安部さん、福田さん、麻生さん、鳩山さん、そして管さん・・・・

こんなにころころトップが入れ替わる国は

世界中探してもありませんね。

国力がだんだん落ちてきてるのはトップに器のない人が

続いてなっているのも原因のひとつなのでしょうか?

早く強いリダーシップのあるリーダーの登場を期待したいですね。

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ






ページ先頭へ
人間ドックに行きました
投稿日:2010年11月27日

11月25日に人間ドックに行きました。

3年前からペット検診も受けています。

今までは中電病院に行ってましたが今回はHクリニックに替えました。

保険組合から補助が出るので病院を替えたのです。

バリュウムを飲んで引っかかると後で胃カメラを飲むことになるので

最初から胃カメラを飲むことに数年前からしています。

8時45分に受付だったのですがのんびり構えていたので

ギリギリに病院に着きました。

タクシーが受付に止まっているのでう~ん金持ちがタクシーで来たのか?

受付するとそのタクシーは胃カメラを受ける為のお迎えのタクシーでした。

そうなんです私の来るのを待っていたのです。

胃カメラはこのクリニックでは出来なくて他の病院に連れて行かれました。

胃カメラがすむとまたタクシーでHクリニックまで送ってくれました。

このHクリニックの外装内装の豪華さには参りました。

大理石を駆使して西欧風の豪華な化粧天井等・・・・

とても病院の造りではないのです。

案内してくれるのは若いくてとても綺麗なお姉さんです。

何故か鼻の下が長くなりました?

若い検査技師のお姉さんに超音波や心電図をやって貰いました。

しかし眼底検査と肺活量の検査は若い男の検査技師に変わりました。

この若い検査技師はとても愛想が良いのです。

眼底検査の時に私が

「瞳孔が開かず眼底写真がいつも上手く撮れません。

目薬を入れても開きにくいようです。」

するとこの若い技師は「ああそうですか、今日は目薬差さないから

ますます撮れにくいかもしれませんね?

しかしそれを取るのがプロです。まかして下さい!」

自信たっぷりです。

その結果はやはり駄目でした。

何回も目大きく開けてくださいといわれ挑戦されられました。

途中「それでは奥の手の秘儀を使いましょう」と言い、

何をするのかと思いきや

途中で手が伸びてきて私の上瞼を上に押し上げました?

ええ!こんなことして瞳孔が開くか!やはりそれでも駄目でした。

「すいません!私の師匠を呼んできます!

それまで今度は肺活量の検査をしましょう!

「肺活量はいつも少ないのです。自信がないなあ~」

「大丈夫です!私がとっておきの秘策を伝授致します。

今までで最高記録を出しましょう?」

またまた出ました秘策秘儀が?(笑い)

その秘策とやらはいままで他の病院で教えて貰った方法と

まったく同じでした。(がっかり・・・)

だいいち秘儀とやらで肺活量の最高記録を出す意味なんてあるのか?

ペット検診も人間ドックの方も異常な所は見つからず無事終わりました。

眼底写真は師匠が後で来てくれましたが

今回も上手く撮れませんでしたが・・・・

(師匠とは超音波等をしてくれた若い女の

検査技師さんでした。)

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ




ページ先頭へ
ランドセル
投稿日:2010年11月26日

私の次男の長女つまり私の孫娘心寧は

来年ピカピカの一年生になります。

昨日ひさしぶりに会社の事務所に

顔を見せに来ました。

23日に兵庫県に聴聞に行ったので

その時のお土産を嫁と妹の孫娘萌寧の

3人で取りに 来たのです。

お土産に喜びましたが途中抜けだして

仕事についてた私の席まで来て一言

「じいじいココのランドセル、ココが思ってるのが

売切れたら困るので早く買って頂戴!」

私答えて「お店には沢山おいてあるから大丈夫よ~

それにココ小学校に行くのは来年の4月だから

まだだいぶ先の話だよ」

そうするとココは真剣なまなざしで

「心ちゃんも健太くんも何々ちゃんももう買って貰ってるんよ~」

ジジばかな私は早く買ってやろうと思い昨日買ってやりました。

夢タウンの皆実町店に行きました。

天使の羽根のラブピのチェリーピンクともう自分?で決めています。

妹のモネにも仕方ない?のでアンパンマンのリュックサックを

買ってやりました。

ココは大きな袋に入ったランドセルを

「重たいから私が持ってやる」

と言っても聞きません。

嬉しさで満面の笑顔でランドセルのはいった

大きな袋を引きずるようにしながら店内を運びます。

その仕草が可愛くてなりませんでした。

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ









ページ先頭へ
和室のある家の方が離婚率が低い
投稿日:2010年11月25日

最近のある調査によると和室のある家で暮らす夫婦の方が

離婚率が低いと言う結果が出たそうです。

そういえば日本の家が西欧化してから日本の離婚率が

非常に高くなりました。

日本の戦前の家の様に和室中心で田の字型の開放的な家の方が

家族のコミュニュケーションが取り易い。

家族の気配ガ感じられて、会話が筒抜けの方が家族の絆や

夫婦の絆が深まるのでしょうか?

現在の日本の家はほとんどが無国籍風な家です。

本物洋風住宅でもないし和風な家でもない。

和洋折衷の様なそうでもない様な?

洋風にしては窓が大きくて多くてなんだかデザインがチグハグ・・・・

外装が洋風にしては本物タイルやレンガでもない?

最近はやりのサイディングで偽のタイル調やレンガ調で仕上げている。

そんな偽物の洋風の住宅なら本格的な和風の家の方が

良いと思うのですが・・・

今頃の若い人の7割強は洋風なデザインを好む様です。

また和室はひとついりませんと言う人も多いのが現実です。

私は家の完成体験会でいつも若い世代の方には

日本に和室が生まれた理由や歴史をお話して少なくとも

ひとつくらいは本格的な和室を造る様にお勧めしています。

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ

ページ先頭へ
正しい住宅の資金計画その1
投稿日:2010年11月24日

適正な自己資金と借入金を知ることは正しい資金計画を

するうえで非常に大切なポイントです。

目安としては2割と考えてください。

たとえば2000万円の家を家を建てる場合は

400万円が目安となります。

いくら低金利時代とはいえ自己資金の割合を高める事は必要です。

借入金は借入する人の収入によって限度額が定められています。

上限金額は年収に占める年収負担率に

(年収に占めるローンの返済比率)によります。

フラット35の場合年収額が400万円以下の人は30パーセント、

400万円以上の人は35パーセントです。

具体的に例を上げると年収600万円の方は

住宅ローン支払額は年間210万円が支払限度額となります。

これを今の金利2パーセントと仮定すると30年支払で

約5500万円となります。

しかしこの借入額一杯に借りられる人は少ない。

借入れされる人の背景によって異なります。

夫婦二人の人と子供がいる場合では全然違います。

また子供の数や年齢によっても違います。

こういう背景を考えながら借入額を決める事が一番肝要です。

自分のライフプランを考えて住宅ローンの限度額を

決める必要があります。

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ

 






ページ先頭へ
間取りと凶悪犯罪
投稿日:2010年11月23日

凶悪犯罪が日本に多発しています。

かつて日本は凶悪犯罪と無縁の国だと言われて来ました。

当時アメリカで多発する凶悪犯罪に対して

病んでる国アメリカと言われていました。

それが今では日本はどうでしょうか?

新聞紙上に殺人事件の記事が載らない日が珍しい程に

眼を覆いたくなるような凶悪犯罪が起こっています。

かなり昔になりますが凶悪犯罪を起こした家の間取りの本が

出たことがあります。

幼女の惨殺事件、バット両親の殺人事件、神戸の猟奇殺人事件など・・・

凶悪犯罪を生んだ子供の家の間取り図が載った本です。

事件発生のすべてが家の間取りのせいではないでしょうが・・・・

不思議な事に共通した間取りの特徴がありました。

それは階段の位置と玄関と子供部屋の関係です。

玄関があってホールがあって廊下に通じて階段がついている。

階段から子供部屋に入れる間取りになっていました。

家族と目を合わさずに自分の部屋に出入りでき外部にも

簡単に出ることが出来る。

家族の会話や触れ合いが疎外された

小間割り間取りなっていました。

戦後の高度成長期の西洋型小間割り間取りが

かつての日本の家族制度の崩壊につながり、

その事が凶悪犯罪を日本にも多発してきた原因の

一端となったと言えるのではないでしょうか?

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ

 

ページ先頭へ
寝食分離型、就寝分離型の住まい
投稿日:2010年11月22日

戦前までの日本の家のスタイルはプライバシーの

大変乏しい家でした。

つまり昔の家は、家族の生活の中で個人の生活が

確保しにくい間取りでした。

しかし敗戦で日本はすべての価値観が根底から覆されました。

すまいのありようもしかりです。

個人の生活の確保が難しい家の造るようだから日本人は

自己確立が出来なかった。

それも反省を促す要素となりました。

この様なわけで戦後の家には、家の中で個人生活の領域を

確保する事がだいいちの命題となりました。

寝食分離、就寝分離が必要となったわけです。

茶の間では寝ない?就寝分離とは親と子供、

男の子と女の子は兄弟でも

部屋を別にして寝ると言う事です。

就寝分離は、日本人のそれまでの寝方を

欧米風に変える意味をもっていました。

昔の家は目的別に部屋を設けてはいませんでした。

だから子供部屋がそれぞれ与えられる事はまれでした。

 貧乏子沢山で子供の数も多かったのでそれぞれ独立した

子供部屋なんて与えられる余裕もなかったのです。

親と一緒に雑魚寝をしていたわけです。

勉強はちゃぶ台でするか縁側に置いた机でしたわけです。

寝食分離、就寝分離は、部屋を使用目的別に

用意することになりました。

これに生活様式の洋風化が伴ないました。

いつの間にか和室が消えて行き、洋間が増えて、

洋間は閉鎖的であると言う

思い込みから、独立した小部屋の集積となり、

小間割り間取りが日本の家の一般的な間取りに

到達してしまいました。


弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ

 









ページ先頭へ
悪人見ました
投稿日:2010年11月21日

昨日土曜日に仕事を終えて愛する女房とマイカルに

映画を見に行きました。

「お父さん今月末までにあと二本映画見に行かないと

サービスが期限切れよ」

期間内に5回映画を見るとサービスで1回無料で見れるのです。

しかし有効期限があるようです。

典型的なA型人間の私はこまめにサービス券を

有効利用するタイプです。(笑い)

それで今回見に行ったのが「悪人」でした。

モントリオールの世界映画祭で主演女優賞を深津絵里さんが

取られ有名になった作品です。

主演男優は妻夫木聡さんでした。

良い男ですね。

私は男には興味はありませんが男からみても良い男です。

今若者で流行り?の出会い系サイトを題材にしたストーリーでした。

現代の男と女のあり方、親子関係、友だち関係・・・

色々考えさせられる所の多い良い作品でした。

殺人を犯してしまう主人公を育てた祖母役の希樹木林さんが

大変好演されていました。

役者はやはりあふれんばかりの才能がいるようです。

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。

https://www.sjk.cc/pastblog/sumaijyuku

ブログランキングに参加してます。良かったらクリックをお願いします。 人気ブログランキングへ

 

ページ先頭へ
更新情報
更新情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ