佐々木順建設 フリーダイヤル 0120-740-201
イベント情報はこちら
住まい塾はこちら
資料請求・お問い合わせ
土地情報
佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
佐々木順建設

広島市、東広島市、廿日市市、安芸郡、佐伯郡、呉市の工務店
佐々木順建設は耐震等級3で自然素材の木の家でつくる注文住宅
 平屋・二世帯住宅もおまかせ!

フリーダイヤル 0120-740-201
ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

社長ブログ

「二世帯の家」広島 注文住宅 社長ブログ 
投稿日:2024年05月17日


広島市内の住宅地の土地は全国的にも上昇率が顕著です。

まだ今後も上昇しそうです。

そのこともあってか、ここ数年二世帯住宅の建築が増えているようです。

二世帯住宅は大きく分けて親世帯、子世帯をどのように住み分けるかで3つのタイプがあります。

 1.完全分離型タイプ

 2.LD共有で玄関や水回りは分離タイプ

 3.玄関も水廻りもすべて共用タイプ

それではタイプ別のメリットとデメリットをあげていきたいと思います。


1.完全分離型タイプ

  ▼メリット

  ・ご両親が他界された時には自分の子供との二世帯住宅として使える。

  ・賃貸住宅として貸せば賃貸料が収入となる。

  ・プライバシーが確保出来るのでお嫁さんが楽である。

  ▼デメリット

  ・建築時に1番お金のかかる水回りが二世帯分かかる為、建築費イニシャルコストが高くなる。

  ・電気代、水道代、ガス代などの光熱費が二世帯分かかる為、ランニングコストも高くつく。


  こちらのタイプの施工事例は下記となりますのでご覧下さい。

  「完全独立型のシンプルモダンの二世帯住宅 西条 T様邸」


2.LD共有で玄関や水回りは分離タイプ

  ▼メリット

  ・玄関は別々だが子世帯の玄関からLDに動線をつなげているので親世帯・子世帯が集える。

  ・LDは共有するので延べ坪がその分小さく出来る。

  ・スープの冷めない距離が微妙に保てる。

  ・共有のLDで親世帯子世帯のコミニユケーションがはぐくまれる。

  ▼デメリット

  ・水廻りが二世帯かかるので建築費イニシャルコストは高くなる。

  ・光熱費などのランニングコストも高くなる。


  こちらのタイプの施工事例は下記となりますのでご覧下さい。

  「完全分離型の二世帯住宅シンプルモダンの家 可部東 K様邸」


 3.玄関も水廻りもすべて共用タイプ

  ▼メリット

  ・初期の建築費イニシャルコストが安く出来る。

  ・延べ坪も大きくならなくて済む。

  ・光熱費などのランニングコストも安くてすむ。

  ▼デメリット

  ・お嫁さんが気を遣う

  ・子世帯が二階の場合は遮音に気をつけなければいけない。

  ・親世帯子世帯で食事の時間や食べるものが違う為、ひとつのシステムキッチンでは対応しにくい。


  こちらのタイプの施工事例は下記となりますのでご覧下さい。

  「新和風 二世帯の家 翠町M様邸」



3つのタイプそれぞれにメリットデメリットがあります。

二世帯の家と言っても家族構成・家族の年齢等によって違います。

予算のこともあるでしょう。

しかし長期的な視点から考えるのが、大事な事だと思います。


ページ先頭へ
「子供部屋にはドアーはつけない?」 広島 注文住宅 自然住宅社長ブログ
投稿日:2024年02月1日

 

子供部屋にドアーはつけない?

西洋文化のドアーと日本文化の引き戸は機能が違います。
ドアーは常時閉鎖型の開口部であり引き戸は開放型の開口部です。
引き戸は本来開けて開けておいてもよいのです。
ドアーは普通は閉めておきます。

戦前の日本の家には余程の裕福な家庭でない限り子供部屋などは
ありませんでした。
貧乏子沢山、産め増やせやも国の政策もあり子供は7~8人もいま
した。
子供はひとつの部屋に雑魚寝?
勉強は広縁にちゃぶ台をだして勉強をしていた。

敗戦してから、占領政策から西洋住宅が取り入れられて?
個室文化が入ってきました。
内部の戸も引き戸から開き戸に変わりました。
したがって子供部屋にもドアーが取りつけれてしまいました。

電化も始まり子供部屋にテレビやパソコンもあります。
プライバシーの侵害だと子供部屋にかぎをつけてくれと言われて
慌てる親も出てきました。
親の寝室が6畳で子供の部屋も6畳?
親の寝室が6畳なのに子供部屋は8畳なの逆転現象の家もある様で
す?



弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの
家づくりの勉強会を開催しています。
興味のある方は下記より是非ご参加ください。


ページ先頭へ
「間取りと凶悪犯罪」  広島 注文住宅社長ブログ
投稿日:2024年01月29日

この3月に映画が封切りされる様です。 間取りの大切さを描いている本です。

 

間取りと凶悪犯罪

凶悪犯罪が日本に多発しています。
かつて日本は凶悪犯罪と無縁の国だと言われて来ました。
当時アメリカで多発する凶悪犯罪に対して
病んでる国アメリカと言われていました。

 

 

 

それが今では日本はどうでしょうか?
新聞紙上に殺人事件の記事が載らない日が珍しい程に
眼を覆いたくなるような凶悪犯罪が起こっています。
かなり昔になりますが凶悪犯罪を起こした家の間取りの本が
出たことがあります。

 

 

 

幼女の惨殺事件、バット両親の殺人事件、神戸の猟奇殺人事件な
ど・・・
凶悪犯罪を生んだ子供の家の間取り図が載った本です。
事件発生のすべてが家の間取りのせいではないでしょうが・・・・
不思議な事に共通した間取りの特徴がありました。

 

 

 

それは階段の位置と玄関と子供部屋の関係です。
玄関があってホールがあって廊下に通じて階段がついている。
階段から子供部屋に入れる間取りになっていました。

 

 

 

家族と目を合わさずに自分の部屋に出入りでき外部にも
簡単に出ることが出来る。
家族の会話や触れ合いが疎外された
小間割り間取りなっていました。

 

 

 

戦後の高度成長期の西洋型小間割り間取りが
かつての日本の家族制度の崩壊につながり、
その事が凶悪犯罪を日本にも多発してきた原因の
一端となったと言えるのではないでしょうか?
弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの
家づくりの勉強会を開催しています。
興味のある方は下記より是非ご参加ください。

 

 



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
土地情報はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ