佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

社長ブログ

「段原日出町の家の上棟」広島 注文住宅
投稿日:2020年02月21日
昨日は段原日出町のK様の上棟式がありました。

晴天にも恵まれてあまり寒くなかったです。

K様は5年前に弊社で新築させていただきました。

裏の空き地を地主さんに売って貰い繋ぎ増築を平家でしました。

     

新築した時には子供さんはお二人でした。
子供さんは3人のご予定でしたが4人に増えました。
ご夫婦がお医者さんをされています。

無事上棟が終わり記念撮影しました。
安全第一に工事を進めて行きます。


ページ先頭へ
「道具と機械」
投稿日:2020年02月20日
道具と機械

 

昔と比べると住宅設備は贅沢になってきました。

私が大阪の現場監督の修行を終えて広島に帰って来たのが

昭和53年の12月でした。

その頃はシステムキッチンは一部のお金持ちの贅沢品でした。

メーカーもヤマハ(日本楽器?)と松下電工くらいしか日本のメーカーは

生産していませんでした。(たぶんですが・・・笑い)

 

 

システムバスもあるにはありましたが今の様に

豪華なものではありませんでした。

テレビドアホンも出てましたが大変高価なもので

普及はしていませんでした。

今では標準でつけます。

 

 

不審者や訪問販売への対策には有効ですが・・・・

今ではシステムキッチンも標準装備で食洗機・IHもつけるのが

普通になってきました。

またITの普及でホームセキュリティや携帯電話から

家のお風呂を沸かしたりエアコンをつけたりも出来る様になりました。

 

 

またIHも音声で色んな指示をします。

これでは人間が機械に命令されて機械に使われている様な

錯覚もおきます。

 

 

道具は人間が知恵や技術を持って使うもの

機械は自動的に動いて色んな作業をしてくれるものという

定義もあるようです。

便利さもほどほどの所で我慢する方が人間の能力が退化しなくて

良いようにも思いますが・・・(笑い)




ページ先頭へ
「帝国ホテルの凄さ」
投稿日:2020年02月19日
帝国ホテルの凄さ

 

先日テレビで帝国ホテルの特番をしていました。

私も東京の帝国ホテルと大阪の帝国ホテルに一度ずつ

泊まった事があります。

小池さんという伝説のホテルマン(女性だからウーマンですか?)が

ホテルマンを目指す大学4年生の女の子を指導するという番組でした。

 

 

指導者の小池さんが全部で6か所しかけをしました。

1・ベッドの隙間に手帳の忘れものを隠す

2・メモ帳に前の人の書き跡が付いている

3.メモを書くボールペンが書けない

4・ベッドテーブルの時計が15分遅れている

5・飲みかけの薬がの残されている

6・グラスなどが置かれている飾棚の中のグラスのひとつに指紋が付いている

 

 

この6点をチェックアウト後でさばかれている部屋を

ベッドメーキングや清掃をしながら見つけられるかどうかという

番組の内容でした。

 

 

女の子二人は3時間の制限時間のなかで何とか探して行くのですが・・・・

6番のコップの指紋跡だけは時間切れで見つけられませんでした。

 

 

帝国ホテルでは部屋での忘れ物は31日間は1日ごとにまとめて

ロッカーに保管してあるそうです。

もっと凄い事はゴミ箱に捨ててあるゴミも1日だけは

すべて保管してある事でした。

うっかり必要なものをゴミ箱に捨ててしまった

お客様の問い合わせに答えるための様です。

これって凄い事だと思いませんか?



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ