佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

社長ブログ

「住吉の長屋」 広島 注文住宅
投稿日:2019年04月8日

住吉の長屋

世界的建築家の安藤忠雄さんを建築界にデビューさせた建物が

住吉の長屋です。

間口はわずか2間(3、6メートル)、奥行きは8間(14,4メートル)

の小さな住宅です。

平面を3分割して中央に中庭を設けてそこから光と風を取り入れています。

外部は窓のない打ち放しのコンクリートで覆っています。

トイレや風呂に行くには中庭を通らないと行けません。

雨が降っている時には傘をささないと濡れるのです。

安藤忠雄さんはテレビでこの家には雨の日や

寒い冬には行けませんと笑いながら語っていました。

なぜなら施主さんから嫌味を言われるからだそうです?

この家は吉田五十八賞の最終選考まで残ったそうです。

93歳で亡くなるまで生涯現役で通した建築界の巨人、

村野藤吾さんが審査員として住吉の長屋を見に来られた。

建物の内、外をじっくり見られたあと

「この建築は悪くはない。が、建築家ではなく、この家に頑張って

住んでいる住み手の勇気に賞を与えるべきであろう」

と言われた逸話が残っているそうです。

結果は落選だったが・・・・

この住吉の長屋が安藤忠雄を日本の建築界に送りこみました。

独学で建築を学んだ安藤忠雄は大きいハンデを持ちながらも

不屈の精神と驚くべき独創性で世界的な建築家に登りつめました。

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。



ページ先頭へ
「スミレの話その2」広島 注文住宅
投稿日:2019年04月7日

スミレの話その2

スミレはキジ猫年令は不詳
性格は残念ながら我が家のペットの中では一番
悪いかな?

 

しかしそれはスミレのせいでは無いのです。
長男の順一郎が岡山の津山で働いていた時、寒い冬スーパーの
夜間工事の時なついて来て息子の肩に乗ってくる程の
人懐こい野良猫だったのに・・・・
気の優しい息子が不憫に思い連れて帰って飼いだしたのですが

 

 

息子のところに来る悪友がスミレをからかい半分に
苛めた頃からだんだん性格が悪くなった様です。
最近は大分私たちにもなれましたが相変わらず
急に怒ったりします。

 

 

リキには相変わらず警戒心を持ち、リキは遊ぶつもりで
近づくのに、シャーと威嚇します。

 

でも最近は私がマッサージ機で寝ていると何処からとも
なく近づいて来ては私の突き出たおなかの上に乗って来て
「にゃお~」と鳴いては甘えてきます。

 

リキとヤマトは寝るときに私ら夫婦と川の字で寝るのですが
スミレはリキを警戒してか、一人で違う部屋で寝ています。
日ごとに可愛くなっては行ってるスミレ
子はかすがいと言いますが、我々夫婦にとって今はリキ、ヤマト、スミレ
の三匹のペットに日々癒されている毎日です。

 

2007年  8月28日  社長ブログ

 



ページ先頭へ
「ソロバンなんか習わなくとも良い」広島 注文住宅
投稿日:2019年04月6日

ソロバンなんかは習わんでいい

タイトルは、私の小学校3年4年担任の内山先生の言葉です。
私は昭和25年生まれ、当時の皆実小学校は1学年確か15クラスぐらい
あったと思います。

 

 

 

 

それも1クラス55~6人いたように思います。
現在とは隔世の感ですね、息子の小学校時代で、1学年3クラス位で1クラス40人位、小子化といわれて久しいですが私の頃と比べると、実感いたします。

 

 

 

内山先生はかなり変わった先生で何せ下駄履きで学校に来られてました。
専門は社会、今思えばアカ(今では死語?)だったのでしょう、
アメリカの事えらく悪く言っていたから、事ある毎に・・・

 

 

 

 

その先生がソロバンの時間に「これからは、電算機の時代だ、将来ソロバンなんか使わない時代になる、従ってわがクラスではソロバンは教えない」
他のクラスが一生懸命シャカリキにソロバン習っている時間は
自由時間、校庭に出て遊びまわっていました。

 

 

 

 

雨の日は内山先生の軍隊時代の「戦争の話」を聞かされました。
お陰で大学出て、建設会社に現場監督として就職し、大阪支店に配属され、
研修期間中に労務の先輩に「佐々木君、ソロバンしてみなさい」と言われたので
「私はソロバン習ってないから出来ません」と答えると、
「そんなことあんめ~小学校の時習ってんべよ~」と言われました。

 

 

 


 

この先輩山形出身でかなりなまってました。
他の新入社員はそこそこ出来たので、汗かきながら習うのですが、
出来るはずも有りません。
大変な目にあいましたが、確かにいまやソロバンなんかは一般では無用の長物と成りましたから、内山先生は先見の明?があったのでしょうか?



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
不動産情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ