佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

社長ブログ

「三行り半」広島 注文住宅
投稿日:2019年06月5日

三下り半

三下り半というのは武家封建社会の時代に出来たようです。
その時代、夫は理由如何にかかわらず、三下り半で簡単に妻を
離縁する事が出来た様です。
テレビでやってましたが、字が書けない人は半紙に、立ての線を三本半書けば
それでよしと言う落語の世界の様な事がまかり通った様です。
妻からの離婚の請求は一切許されなかった様です。
そこで不幸な結婚に悩む女性に離婚の権利を与えようとしたのが
「縁切り寺法」です。
夫と別れたい妻が3年間尼修業すれば離婚が成立すると言うものでした。
それが今では妻から三下り半というのが簡単に出来る時代?
また男女均等雇用法とか何やらで非常にややこしい時代になりました。
看護婦さんを看護師さんと呼称を変えたり、
従業員さんやパートさんの募集も女性希望の場合も女性の方募集と
書いてはいけないとか・・・・・
話を戻しますが、いまや夫婦の権利は均等財産権も
はたまた年金の受給の権利さえも今まで亭主関白の下
あぐらをかいていた亭主関白な男性諸君住みにくい世の中に
なって来ましたね


ページ先頭へ
「母の命日」広島 注文住宅
投稿日:2019年06月4日

2008年06月04日 佐々木徹ライブドアーブログより
母の命日

6月3日は亡き母の命日でした。
 私は中電病院で人間ドックとペットの検査に行きました。
 小さい頃は「おかあちゃん子」でいつも母親にべったりだった私・・・
 厳しい父親にボロクソに言われ続けた私をいつもかばってくれた母





しかし長男の宿命と言うか嫁と姑の

確執の狭間で同居してからは
色々ありました。
 元々が我侭な母だったので女房も苦労しました。
しかし母親にして見れば多分可愛い子供が結婚してから
嫁の方ばかり肩をを持つと言う思いがしていたのでは
 と今思い返せばそうも思います。





 若い頃から病気がちで30代で腸の大手術をしたり、晩年は悪性リンパ腫と
戦い精神力の強い母はその病には打ち勝ちました。
 骨粗しょう症で3回も骨折しましたがそれも驚異的な精神力で
金属を関節に入れて自力で歩けるようにリハビリに励み
歩けるようになりました。





 斎場でお骨を拾う時に母親の関節代わりの金属の重さに
 こんなに重い金属を体に埋めて頑張って歩いていたのだと
思わず涙が溢れました。




お茶も何十年も続けてお弟子さんに教えたり生真面目で努力家の母でした。
 我侭な所やコツコツ努力する所は母親譲りなのだなあ~と
命日の昨日、生前の母親の事を
思い出しながらそう思いました。




ページ先頭へ
「ドイツの社会」広島 注文住宅
投稿日:2019年06月3日

2008年06月02日 佐々木徹ライブドアーブログより
ドイツの社会

先日会社の事務員の多田さんと里帰りを
している娘さんと旦那さんと孫のナオミちゃんを連れて
焼き鳥を食べに行きました。
次のお産で入院している長男の嫁と嫁の実家で見て貰っている
順悠二人を除いては我が家は全員集合!
昨年もドイツから里帰りした時も会いましたが・・・

 

 

 

孫娘のココと一緒でナオミちゃんも3歳可愛く大きくなっていましたが
今少し恥ずかしがる時期みたいです。
人見知りをすると聞いていたので最初は余り話しかけませんでした。
女房と私の子供からプレゼントを貰って大変喜びました。
私のドイツ人のイメージは何事にも厳しく余りマイホームパパの
イメージとは程遠いのですが・・・
旦那さんのデュークは子煩悩で見るからに
人の良さが顔に滲み出てるような好青年です。

 

 

ナオミちゃんは日本語もドイツ語も操れるバイリンガル、
学校で勉強して英語もしゃべれるようになると、
3カ国語を操るトライリンガルになります。
娘さんの話だと日本より物価は高いそうです。
日常品の消費税は7パーセントですが
ぜいたく品はなんと19パーセントの
消費税がかかるそうです。
しかし社会の福祉制度は充実していて、
小学校から大学まで学費は要らないそうです。
驚きですよね

 

 



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ