佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

社長ブログ

「ビートルズ武道館コンサート」 広島 注文住宅
投稿日:2019年12月1日

ビートルズ武道館コンサート

先回ビートルズの記事を書きましたが、昭和40年生まれの方から
コメント頂きました。
私が昭和25年生まれだから私より15歳年下の方です。
リアルタイムでビートルズを知っているのは、
羨ましいと書かれていました。
その人はポールのコンサートは二回も行かれたそうです。
前に書いたように私はジョージ・ハリソンのコンサートを
見に行きそびれ、結局生のコンサートは見ていません。
ビートルズが日本の武道館でライヴした時、高校二年生でした。
凄く行きたかったのですが・・・
勿論無理でした。
テレビの前で釘付け状態でまんじりともせずに見たことが
つい昨日のようです。
何故かドリフターズが前座を務め「早く終われと叫んでいました
アンコールなしのアット言う間の25分くらいのライヴ
正直な感想は「ビートルズってこんなにヘタクソ」
今思えば武道館の広さと当時の音響技術の悪さが原因なのかなあ~
と思いますが、当時はかなりガッカリしました。
ポールが一番ましでしたが、ジョンは声が出ず、ジョージはひどい
出来でした。
憧れのビートルズへの思いが強かっただけに
勿論それだからと言ってビートルズへの思いは変わらず
今もアコースティックギターでビートルズを熱唱しています。
カラオケでもビートルズ歌いまくっています。
57歳だんだん高音域が辛く出にくくなりましたが・・・
まだまだ頑張って歌い続けるつもりです。
12年前のブログです。
最近は指が神経痛で曲がらず。
コードが抑えられなくなりました。


ページ先頭へ
「大光寺東和尚」広島 注文住宅
投稿日:2019年11月30日

太光寺東和尚
昨日社員が「たいこうじの方が来られています?」
「たいこうじ?」
一瞬ピント来ませんでした?
「あのお坊さんの格好をされています」
それですぐにわかりました。
「太光寺の東和尚さんだ!」
「あがって貰ってショウルームにご案内してあげて下さい」

すると社員がまた上がって来て「途中だから玄関先で失礼します」
と言われています。

 

 

 

 

私はあわてて階段を下りました。
東和尚ともうひとりお弟子の方がおられました。

「佐々木さん突然ですみません。実は比叡山まで行くのです。今日が出発日です。
国道歩いていたら佐々木さんの会社を見つけたので寄りました。」

「比叡山まで歩いて行かれるのですか?だいぶかかるでしょう?」

「ええ2週間かかります。」

「それは大変ですね!」

「いいや泊まるのは旅館ですから」

いともたやすく言われます。

 

 

 

 

 

突然のことで写真を撮るまもなく
国道を渡られているところを2階の事務所から写させて頂きました。

長旅の御無事を祈るばかりです。

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「寝食分離、就寝分離の住まい」 広島 注文住宅
投稿日:2019年11月29日

寝食分離型、就寝分離型の住まい

戦前までの日本の家のスタイルはプライバシーの

大変乏しい家でした。

つまり昔の家は、家族の生活の中で個人の生活が

確保しにくい間取りでした。

 

 

 

しかし敗戦で日本はすべての価値観が根底から覆されました。

すまいのありようもしかりです。

個人の生活の確保が難しい家の造るようだから日本人は

自己確立が出来なかった。

それも反省を促す要素となりました。

この様なわけで戦後の家には、家の中で個人生活の領域を

確保する事がだいいちの命題となりました。

寝食分離、就寝分離が必要となったわけです。

 

 

 

茶の間では寝ない?就寝分離とは親と子供、

男の子と女の子は兄弟でも

部屋を別にして寝ると言う事です。

就寝分離は、日本人のそれまでの寝方を

欧米風に変える意味をもっていました。

昔の家は目的別に部屋を設けてはいませんでした。

だから子供部屋がそれぞれ与えられる事はまれでした。

 

 

 

貧乏子沢山で子供の数も多かったのでそれぞれ独立した

子供部屋なんて与えられる余裕もなかったのです。

親と一緒に雑魚寝をしていたわけです。

勉強はちゃぶ台でするか縁側に置いた机でしたわけです。

寝食分離、就寝分離は、部屋を使用目的別に

用意することになりました。

これに生活様式の洋風化が伴ないました。

 

 

いつの間にか和室が消えて行き、洋間が増えて、

洋間は閉鎖的であると言う

思い込みから、独立した小部屋の集積となり、

小間割り間取りが日本の家の一般的な間取りに

到達してしまいました。

建築家 吉田桂二

 



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ