佐々木順建設 フリーダイヤル 0120-740-201
イベント情報はこちら
住まい塾はこちら
資料請求・お問い合わせ
土地情報
佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
佐々木順建設

広島市、東広島市、廿日市市、安芸郡、佐伯郡、呉市の工務店
佐々木順建設は耐震等級3で自然素材の木の家でつくる注文住宅
 平屋・二世帯住宅もおまかせ!

フリーダイヤル 0120-740-201
ホーム > 社長ブログ > 2月 2024

社長ブログ

社長ブログ

「子供部屋にはドアーはつけない?」 広島 注文住宅 自然住宅社長ブログ
投稿日:2024年02月1日

 

子供部屋にドアーはつけない?

西洋文化のドアーと日本文化の引き戸は機能が違います。
ドアーは常時閉鎖型の開口部であり引き戸は開放型の開口部です。
引き戸は本来開けて開けておいてもよいのです。
ドアーは普通は閉めておきます。

戦前の日本の家には余程の裕福な家庭でない限り子供部屋などは
ありませんでした。
貧乏子沢山、産め増やせやも国の政策もあり子供は7~8人もいま
した。
子供はひとつの部屋に雑魚寝?
勉強は広縁にちゃぶ台をだして勉強をしていた。

敗戦してから、占領政策から西洋住宅が取り入れられて?
個室文化が入ってきました。
内部の戸も引き戸から開き戸に変わりました。
したがって子供部屋にもドアーが取りつけれてしまいました。

電化も始まり子供部屋にテレビやパソコンもあります。
プライバシーの侵害だと子供部屋にかぎをつけてくれと言われて
慌てる親も出てきました。
親の寝室が6畳で子供の部屋も6畳?
親の寝室が6畳なのに子供部屋は8畳なの逆転現象の家もある様で
す?



弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの
家づくりの勉強会を開催しています。
興味のある方は下記より是非ご参加ください。


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
土地情報はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ