佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

社長ブログ

「内猫と外猫」 広島 注文住宅 木の家
投稿日:2020年06月28日

我が家には内猫が3匹と外猫が1軍が3匹

2軍は多数います。

 

内猫とは飼い猫の意味で、外猫は餌を貰いに来る猫のことです。

1軍とは朝昼晩と来る野良猫です。

 

 

我が家は昔は犬派でした。

ちいさい頃にはスピッツと柴犬を飼ってました。

私が現場監督の修行を関西方面から家業を継いでからも柴犬を2代目、3代目と飼いました。

 

 

私の母親は綺麗好きで、野良猫を極度に嫌ってました。

大工の修行をしていた次男が仕事先で、納屋で生まれた野良猫の赤ちゃん猫を小川につけて殺されかけてたのを助けて貰って帰りました。

茶虎でした。

名前はヤマトと名付けました。

大変優しい猫で柴犬のリキを兄弟と思ったのか毛づくろいするほどになついていました。

猫嫌いの母親に隠れて二階で飼いました。

 

 

 

 

 

 

2匹目は鳥取で修行していた、長男がやはり野良猫を拾い飼っていた猫を広島に持ち帰りました。

この子はキジ猫で名前はスミレでした。

5年前に2匹とも半年くらいのうち亡くなりました。

 

 

 

 

 

 

それから縁があり保護猫を一度に3匹飼うようになりました。

推定生後5か月の茶虎の虎徹君。

生後3か月の三毛猫の小雪ちゃんと小夏ちゃんです。

小雪と小夏は姉妹です。

FBを通じて保護ネコの茶トラを持ってきていただいた時に、三毛猫も二匹つれて来られて

可愛いので3匹飼う事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小雪と小夏は虎鉄君を母親と勘違いしてたのか、長い期間虎鉄君のおっぱいを吸ってました。

 

外猫の1軍の中心選手は、最近母親になったシロクロのちびちゃん。

懐いていて可愛い声で餌をねだります。

続いてキジネコの尾っぽ君。

同じくキジネコの尻尾君。

黒猫のクロちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2軍選手は、ブサちゃん、キジトラ、白ちゃん、三毛ちゃん・・・・

ときおり姿をみせます。

 

 

いつの間にやら猫大好きに人間に家内もろともなってしまいました。

18年生きてくれた柴犬のリキ君も3年前に亡くなりました。

足が弱り2階から私と1階の部屋で3年半も寝起きを共にしました。

リキ君との思い出は沢山あり今でも思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

「広島で自然素材を使用した木の家なら佐々木順建設にお任せください」

「次回の住まい塾は6月14日に開催します」

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
「埼玉の親分」広島 注文住宅  工務店
投稿日:2020年06月27日

埼玉の建設会社の会長さんから、今年も山形のサクランボを沢山送って頂きました。

この会長さんは現場監督から埼玉で大きな住宅会社にされたやり手です。

柔道の有段者で未だにフンドシです。

 

住風土研究会の地方研修で一緒に風呂に入った時ふんどしを見て唖然としました。

 

ええ今時ふんどししている人いるんだ!

 

 

子供の頃私の親父はふんどしでしたが、それは60年も前の話。

 

武勇伝もある方で社員が夜の街でヤクザに殴られてボコボコにされて、木刀を持って組事務所に3人で殴り込みかけたというエピソードの持ち主です。

 

 

開業当初は浄化槽の清掃から始められたそうです。

 

根性はいてます。

何故か私と気が合い可愛がって貰ってます。

 

 

「広島で自然素材を使用した木の家なら佐々木順建設にお任せください。」

「次回の住まい塾は7月5日開催致します。」



ページ先頭へ
「家は壊れるより壊されています。」広島 注文住宅 木の家
投稿日:2020年06月26日

在来工法の家は何年持つかではなく、何年持たすかです。

日本の気候風土は殆どの地域は高温多湿です。

腐った所を部分的に取り替えることが出来る伝統工法の流れから

在来軸組工法は出来ました。

 

「江戸時代に末期に建てられた町屋のリノベーションしました。」

 

 

 

 

 

 

 

家は適切なメンテナンスさえすれば、いくらでも持たせることが可能です。

外国生まれの2×4工法とか、パネル工法は日本のような高温多湿な気候風土では短命になります。

高度成長時代は住宅もまるで車と同じように、使い捨ての時代があり

日本の住宅の平均寿命は他国と較べても短命でした。

しかし今は違います。

長寿命住宅にしなければなりません。

在来軸組工法は主体となる軸組さえ変えなければ、間取りの変更も出来るし、増築もある条件のもと出来る工法です。

「100年経っていた大きな旧家のリノベーションしました。在来浴槽は腐っていたので、塾組はやり替えシステムバスと洗面脱衣室もやり替えました。」

 

 

 

 

 

 

 

 

「二間続きの和室を小屋組はそのままに大きな28帖のLDK
にしました。」

 

 

 

 

 

 

 

 

家は建てるときは造り手が主役で造りますが、住んでからは住み手が主役になります。

 

「広島で自然素材を使用した木の家を建てるなら佐々木順建設にお任せください。」

「次回の住まい塾は7月5日です。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ