佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

社長ブログ

「錦帯橋と柴犬リキ」広島 注文住宅
投稿日:2019年04月17日

錦帯橋を柴犬リキも渡りました。
私らは300円通行料が
要りましたがリキは無料でした。

欄干から頭を柴犬リキは出してます。
道行く何人もの方に「可愛いい」
と声をかけられました。
人の言葉の分かるリキは得意気でした?
ニコニコ・・・

7年前にフェイスブックに投稿したものです。

ドライブ大好きなリキを連れて色んなところに連れて行ってやりました。

リキとの思い出はつきません。

 

 

 



ページ先頭へ
「親父の名刺」広島 注文住宅
投稿日:2019年04月16日

親父の名刺

能美の家の整理箪笥の上のプラスティックの名刺入れの中に
亡き親父の名刺が幾らも使われぬまま沢山入ってます。
私はそれを見るたびに胸が締め付けられるほど痛くなります。

 

 

 

「わしはなんて気遣いの足らない息子だったんだろう」
私が親父から社長を交代したのは昭和62年私が37歳親父は75歳でした。
75歳と言ってもスーパーマンの親父はまだまだ元気一杯でした。
まだまだ現役の社長でバリバリやりかたかっのを無理やり引退させた
帰来もありました。
勿論それからも3~4年は会社に出てきて、縁の下の支えになってくれました。
東雲の倉庫や廿日市の倉庫なども綺麗に残材の整理をしたり今考えると
頭が下がります。

 

 

そして80歳を超えて能美島に終の棲家を建てて、主には能美島に帰り
生活をする様になりました。
自分でみかんや八朔や無農薬の野菜などを作り、
私たち家族に食べさせてくれました。
もう仕事から離れたので名刺はいらないと思い、いつの間にか
会長職に有りながら会社では親父の名刺を作ってあげなくなっていました。

 

 

私は能美の家に行き、そのプラスティックの名刺入れに沢山残っている
親父の取締役会長の会社のマークの入ってない街中の?
印刷店で作らしたであろう変哲の無い白黒の名刺を見るたびに
胸が痛くなります。

 

 

 

 

なんで親父に会社のちゃんとした名刺を持たせて上げなかったんだろうと
晩年は少し痴呆気味だった親父・・・
それでも創業者会長としての誇りや息子に会社を継承させている喜びもあり
田舎の人にも名刺を配りたかったんだろう。
そう思うと慙愧の念に耐えられなくなり、
胸が締め付けられます。

2008年4月15日     ライブドアー佐々木順建設社長ブログ

 

 

 

晩年親父が住んでいた能美の家です。

親父が植えた吉野桜10本毎年たわわに咲いてくれます。

 



ページ先頭へ
「能美の家の吉野桜」広島 注文住宅
投稿日:2019年04月15日

能美の家の吉野桜

昨日の土曜日の午後から、女房と愛する孫のココと私三人で能美島に
墓参りと桜見物に行きました。

 

 

途中呉で休憩、海上自衛隊の巡視艦や潜水艦を見せました。
女の子のせいか思った程に喜んで貰えませんでした
行く道中もココは色んな事をしゃべります。
「能美はココが赤ちゃんの時行ったんよね」とか誰に聞いたのか
おませに言います。
しゃべりまくっていたのに静かになったと思ったら寝ています。

能美の家に着いたのが3時半過ぎココが起きるのを待って
家の直ぐ上にある墓に行き亡き親父とお袋に近況報告
ココもちゃんと墓の前で手を合わしていました。
1時間もしないうちに「ココママの居るおうちに帰りたい」
と言い出しました。

世話になっている親戚に三軒顔だけ見せに行きました。
言い出したら聞かないので急いで広島へ帰りました。

 

 

家に帰れるのが嬉しいのか車の中で子供のおもちゃのプレーヤーで
色んな童話をかけながらそれに歌詞つけ替え歌?を上手に歌います
じいじいはどの歌が好きと聞きます。
女房が入っている歌を読み上げる中、「かもめの水兵さん」好きと答えると
絵柄で分かるらしくそれを自分で押し「じいじいじじい」と
メロディーに合わせながらうまい事歌います。

ママの歌、パパの歌、モネ(妹)の歌、しいか(母親の妹)、音色(従姉妹)、てつ(叔父さん)
それぞれに曲が決まっているらしく
それぞれに適当なたわいもない歌詞(殆ど名前だけ)をつけて歌い巻くります。
う~ん歌が好きで歌いまくるのは私に似たのかなと
少し嬉しく思いました
孫は可愛いですね

2008年4月13日    ライブドアー2代目社長ブログ

 

今春で心寧も中学3年生になりました。

小さい頃の音楽好きは今は吹奏楽部で活躍しています。

ピアノも習い続けています。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
不動産情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ