佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

社長ブログ

「玄関とは」広島 注文住宅
投稿日:2019年06月14日
玄関とは

家を建てるときに家相にこだわる方がいまでもおられます。

若い人で家相を気にされる方は少ないです。

しかし若い世代でも女性の方は風水を気にされる方はおられます。

家相はもともとは中国の統計学です。

それが日本に伝わりました。

 

 

 

玄関は鬼門を避けるべしと言われます。

また便所とか台所や水を使うところも家相では

配置してはいけないエリアがあります。

昔はくみ取り便所で台所には冷蔵庫がなかったので

臭いやら食べ物の保存をするために方位を決めた様です。

 

 

今日のタイトルの玄関ですが・・・・

明治時代前は庶民は家に玄関を作ることは

許されていなかった様です。

民家では玄関を作ることは許されず、町屋でも通り庭の

入口に大きな戸を設けました。

また農家では土間への入口は出入り口でした。

 

 

庄屋などの上層の民家だけはお殿様や役人を迎える時のために

玄関を作ることを許された様です。

明治になってその禁が解かれました。

庶民の家でも玄関を設ける事が出来る様になりました。

しかし、敗戦までは玄関の格式が残っていました。

 

 

主人や客人だけが表玄関を使い、家族は内玄関、使用人のための勝手口

という使い分けをしていたそうです。

もっともそんな家は大きなお屋敷でしょうが・・・・(笑い)

私の会社では、家づくりの基本がわかる住まい塾を開催しております

興味のある方は下記から「住まい塾」の案内が見れますよ

 



ページ先頭へ
「100歳万歳」広島 注文住宅
投稿日:2019年06月13日

2008年06月26日

100歳万歳

100歳万歳と言うテレビ番組がありますが
私の家の隣の細美さんのご主人さんが6月18日で
100歳になられました。






お祝いに次男の手作りの桧のベンチを差し上げました。
大変喜んで頂けたようです。

奥さんも今年で92歳御夫婦共長寿で羨ましい限りです。
現役の時はお二人とも先生をされてたようです。







今でも仲良くご夫婦で庭の草むしりをされてますし
驚いた事に御主人は脚立にのり、木の剪定もされます。

2~3年前まではご夫婦で登山スタイルで仲良く山登り
をされていました。





ついこの前もご主人さんが自転車に乗りスイスイとどこから
帰られてる所に出くわしました。

まさに超人

世の中には凄い人が居る者です。




ページ先頭へ
「法律が改正になった」広島 注文住宅
投稿日:2019年06月12日
2007年08月16 ライブドアー佐々木徹ブログより
法律が改正になった

盆には先祖の魂が帰って来ると言います。
昨日テレビで若いタレントが、霊を感じる能力が強くて
死んだおじいさんの姿が見れると言ってました。

 

 

私の父は平成16年10月9日に91歳で、永眠しました。
現役バリバリの頃は、結構アクが強かったように、
思いましたが、引退してからは好好爺となり
何をしてあげても「ありがとう、ありがとう」と
感謝の言葉を言ってました。
晩年能美島に、終の棲家を建て、広島と能美を気ままに
行ったり来たりしていましたが、いつもフェリー代が勿体無くて
音戸大橋を渡り、それも呉の有料道も使わず、一般道を通っていました。

 

 

 

能美島からの帰り居眠り運転をしていて、反対車線にはみ出て
交通事故を起こしました。
前々からもう高齢だから、親戚からも危ないから運転させないほうが
良いといわれていたのですが・・・
非常に元気で行動的な、親父から車を取り上げるのは
不憫でそのままにしていたのですが・・・・・
これはもう限界だ思い鍵を隠しました。

 

 

免許書の書き換えが来たのですが、それも本人には伝えませんでした。
ある日父が「徹やっぱり車がないと不便だから、軽でも買おうと思うんじゃが・・」と切り出しました。
私は「もう車には乗れんよもう免許書期限切れで無いよ」
と言いますと「ほうか~」とさえなさそうに答えました。

 

 

 

それからしばらくして親父が「徹何でも最近法律が改正に
なって年寄りは免許が無くても車に乗れるようになったらしいで~」
と言います。
私が「そんな馬鹿な事あるわけ無いじゃないどこでそんな話し
聞いたん」と言いますと
「テレビでも言ってたし、新聞にも載っていた。お前知らんのんか」
と譲りません。

 

 

 

行動派の親父は、車に乗りたくて乗りたくてたまらなかったんでしょう。
晩年よく親父を能美島から広島に車で、連れて帰ったりしていたから
このたび能美の行き帰りに、そんなことも思い出しました。

 

 


				


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ