佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 1月 2019

社長ブログ

社長ブログ

「任して任さず」  広島 注文住宅
投稿日:2019年01月22日

任して任さず

松下政経塾の塾長の上甲先生の講演の続きを書きます
先生は現在67歳だそうです
上甲先生が京都大学を卒業されて松下電器産業に入られた時
松下幸之助さんが丁度67歳だったそうです

新入社員の時に社長の幸之助さんは「仕事は任して任さず」が
極意だと教えたそうです
当時の上甲さんは幸之助社長の言葉の意味が理解出来ず
中途半端な方法だなあ~任すなら任す任さないなら任さない
「はっきりしてくれないと仕事をする方は困るわ」と
思われたそうです

 

 

 

しかし今になってこの言葉の凄さが身にしみて
分かる様になったと講演で話されました
任すとはその後何のチエックもしないのとは違う
何のチェックもせず、報告も聞かないのは放任している
仕事を放り投げてるのと同じだと言う事です

 

 

過去でも大手の不祥事で社長の耳に入っていなくて
責任を取って引責辞任される名経営者は数多くいました
組織が大きければ大きいほどチェック機能が大切ですね


ページ先頭へ
「神の家を造る」  広島 注文住宅
投稿日:2019年01月21日

神の家を造る

昨日講演を聞きました
松下政経塾の塾長を14年間されていた上甲先生のお話でした
先生の講演を聞くのは二回目でした

大変良いお話で元気が出ると共に反省しきりでした
そのお話の中に伊勢神宮の宮大工の総棟梁のお話が出ました
その話になるほどと感動しました

 

 

 

伊勢神宮では宮大工さんを小工と言うそうです
大工では神様に対しておこがましいから小工と書いて
こだくみと読むのだそうです

 

上甲先生が総棟梁に
「人間の家と神様の住む家を造るのでは何処が違うのですか?」
と質問された所、総棟梁さんはこう答えたそうです

「神様はすべてお見通しだから見えない部分もすべて
ピカピカに磨かなければいけません」

 

 

要するに目に見えない部分床下、天井裏の部分の木材にもすべて
カンナがけをするそうです

見えない部分を磨くそういう精神が必要だと言う事
日本で一番顧客満足で日本一のリッツカールトンホテルの
総支配人さんも客室等お客さんの目に触れる部分を
いくら磨いても本当には光らない
目に触れないバックヤード部分も磨いて
初めて客室も輝くと言われたそうです


ページ先頭へ
「ヤマトの独り言その2」  広島 注文住宅
投稿日:2019年01月20日

ヤマトの独り言その2

先日告白した様に僕の体重は現在7.5キロ!
最近テレビでデブ猫ちゃんが話題になり「うちのデブ猫」と言う
特番もあるみたいです。
それによると10キロ超えるとデブ猫のお墨付きになるとか。
「う~んあと2.5キロあるぞ!いいや後2.5キロしかない」
複雑なる思いが交錯します。
僕のご主人様も7年くらい前に頑張ってダイエットされ96キロ
から3ヶ月で76キロまで落ちました。
でも今では「元の木阿弥」現在89キロくらいあるみたい。
僕も人のこと言えたもんじゃないけどよく間食しているもの・・・
夕ご飯の前にパン食べたりアイスクリーム食べたりおはぎ食べたり
最も僕もあんこが大好きでご主人様に「あんこ頂戴にゃあ~んと
おねだりしています」
ご主人様の今年の目標は体重80キロとか言っています。
僕も今年体重6.5キロを目標にしようかしら?


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ