佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 12月 2018

社長ブログ

社長ブログ

「自己啓発セミナー」  広島 注文住宅
投稿日:2018年12月31日

2009年12月16日

 

自己啓発セミナーその1

今日は自己啓発セミナーの思い出話を書きましょう(笑い)

皆さんは自己啓発セミナーに行かれたことはありますか?

私は過去にも告白したことありますが?

実はセミナー男なのです・・・・

 

 

最近はめっきり減りましたが昔はセミナーに足繁く通いました。

経営セミナー、コピーライター、マーケティング、チラシ作り等々

色んなセミナーに行きましたよ・・・・

セミナーは東京で良くあるので高いセミナー代プラス交通費に

宿泊費と相当な出費です・・・

その中で印象に残った自己啓発セミナーの話を

今日はブログに書きます。

 

 

もうかれこれ5年くらい前の話ですが・・・・

やはり工務店を経営してる仲間のTさんとそのセミナーは行きました。

私よりひとまわりくらい若いTさんも

私に輪をかける程のセミナーマンでした。

そのセミナーはアメリカ人が講師のJMさんのセミナーでした。

2泊3日の泊り込みの自己啓発セミナーでした。

内容は事前公開がないので良く分らずじまいで行きました。

東京の八王子の研修センターでありました。

そこに宿泊も出来たのですが相部屋でトイレも風呂も共同と

聞いたのでわがままもんの私は八王子にわざわざホテルを取りました。

これがそもそもの間違いの始まりでした・・・・

初日にセミナーが終了したのがなんと午前2時過ぎ

そこからホテルまでタクシーで20分くらいかかりました・・・・

Tさんは研修センターに宿泊したので私よりましでした・・・・

 

 

 

 

次の日もやはり終わったのが午前2時過ぎました。

くたくたになりホテルに着くなりそれこそ泥の様になって眠りました。

翌朝も早く研修センターまで通わなくてはなりませんでした。

トホホでした・・・・

セミナーの内容は明日のブログで書きます・・・・・


ページ先頭へ
「窓の本来の役割」  広島 注文住宅
投稿日:2018年12月30日

窓の本来の役割

高気密高断熱の家には窓はあまり重要じゃないのでは?

という気がしますが、

きちんと施工されて、換気が十分に行われないと、結露がひどいのです。

ということで、

換気についての法律もできて、高気密高断熱の家には24時間換気が義務付けられています。

 

 

24時間熱交換器は、フィルターの掃除や交換と、メンテナンスが少し面倒くさいみたいですよね。

高気密といいながら換気換気って、ちょっと矛盾を感じてしまいますが、

基礎内の温度が高い分、湿度の管理がうまくいかなければ、

虫の巣窟となってしまったり、カビが発生したり、します。

 

 

 

でも、季節によっては、やっぱり自然の風を肌で感じたいですよね。

機械や設備だけで解決するんじゃなくて、自然の風を取り入れる工夫もしたいと思いませんか?

本来日本の住宅は自然の光や風をうまく取り入れた

自然と共棲できる住まいづくりでした。

高気密高断熱の住宅は寒冷地の住宅です。

北欧や北米カナダなどの家づくりなのです。

日本でこういう家づくりで大丈夫なのは北海道や東北地方などの

北国に限られるはずです。

 

 

それぞれの地域の気候風土にあった家づくりをしましょう。

私の会社では、家づくりの基本がわかる住まい塾を開催しております


ページ先頭へ
「高気密高断熱の家の窓の役割」 広島 注文住宅
投稿日:2018年12月29日

高気密高断熱の家の窓の役割?

高気密高断熱の家、窓は重要じゃない?

最近は高気密高断熱の家が多いですね。

冷暖房費のランニングコストが低い とか、

家の中での温度差が少なく(冬のトイレやお風呂も)快適。

などと宣伝されていますが、

高気密高断熱ってどういうことか、ご存知ですか?

 

 

 

通常の床下を外部と考えて風通しをよくする、という考え方とはまったく逆で、

高気密高断熱の家では、床下の空気を外気と遮断して部屋と床下の温熱環境を同じにするというものです。

メリットは、温度・湿度・風・音を遮断できる性能を持つので、

快適な室内空間を保ちつつ、エネルギー消費量を抑えることです。

つまり電気代や灯油代の節約ですね。

 

 

でもそれって本当でしょうか?

この続きはまた明日・・・・

私の会社では、家づくりの基本がわかる住まい塾を開催しております


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
不動産情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ