佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

社長ブログ

「自作の誕生ソング」 広島 注文住宅
投稿日:2020年01月22日

自作の誕生日ソング
誕生日の朝、携帯のメールがなりました。

あけて見ると孫からの誕生日のお祝いの歌のメッセージでした。

ココとモネの愛娘孫が私の為に自作?の歌を熱唱しています。

誕生日おめでとうおめでとうじいじいおめでとう

ぐんぐん伸びて天まで届けおめでとう

最後に「じいじい夕方行くからね」と二人でメッセージがありました。

最近の携帯は動画までもが送れますね。

 

 

 

姉のココは去年ファミレスに連れて行った時に

「じいじい何故じじいはココの花嫁姿が見れるまで生きたいって言うの?」

といきなり言い出しました。

そして「じいじいはいま何歳?」

「60歳」と答えると

「ふ~ん60歳になるの?」

続いて私が「じいじいが先に死んだらココの花嫁姿が見れないから」

と答えると・・・

「じいじいそれならココの花嫁姿天国から下を見下ろして

みれば良いでしょう」と

自分のおでこに手をかざしながら屈託なく

ジェスチャまじりで言いました。

 

 

その可愛いい仕草が今でも瞼に浮かびます。

ぐんぐん伸びて天まで届けの歌詞は心寧の作詞でしょうか

そして夕方に二人で誕生日おめでとう書いた絵とプレゼントを

持って来てくれました。

弟の専務からも今年は靴のプレゼントを貰いました。

ここ何年もずっとプレゼントを買って来てくれます。

母親が生きていた頃はお洒落なマフラーとかセーターを

毎年くれていました。

そういえば今年の6月には母親の7回忌があります。

いつまでもあると思うな親と金と言う言葉がありますが・・・

親の有り難さは失ってから初めて思い知る事となります。

 

現在孫娘の心寧は中学3年生です。

ブラスバンド部に入りユーフォニュームを頑張ってやっています。

 

 

 



ページ先頭へ
「カルガモ走法」 広島 注文住宅
投稿日:2020年01月21日

カルガモ走法でETC不正通行
高速道路で大型トラックのすぐ後ろにつけて料金所の自動料金収受システム(ETC)レーンをすり抜け料金の支払いを免れたとして、兵庫県警高速道路交通警察隊などは18日、道路整備特別措置法違反(不正通行)容疑で同県西宮市今津二葉町、運送業「赤帽男(まもる)運送」、吉井守容疑者(55)を逮捕した。手口は「カルガモ走法」と呼ばれ、約2年間で460回の不正通行を繰り返していたという。

 

 

容疑は、09年5月28日、軽トラックで名神高速を走行中、車載器からETCカードを抜いて通行料が課金できないようにしたうえで西宮インターチェンジ出口付近で前を走るトラックに接近、車間距離を詰めてETCの開閉バーが閉まる前にトラックに続いてすり抜け、料金450円を支払わなかった、とされる。容疑を認めているという。

 

 

 

西日本高速道路会社などによると、吉井容疑者の軽トラックが料金所のカメラに映っており、08年4月~10年1月、名神高速や阪神高速で同様の手口を繰り返して約25万円の支払いを免れていたという。同社などは割増金を含む3倍の料金を吉井容疑者に請求する。【矢島弓枝】

毎日新聞の記事を抜粋しました。

 

 

 

世の中いろんなことを考え付く輩がいるものですね・・・・

「カルガモ走法」とは良いネーミングですね?

運送業も不況産業のひとつだからこんな手口考えたのでしょうか?

民主党政権早く景気の浮揚策を実施してほしいものです・・・・

可愛いカルガモ親子も嘆いていますよ。(笑い)

2010年のブログです。

 

 

 

 



ページ先頭へ
「のろのろ運転」広島 注文住宅
投稿日:2020年01月20日

あおり運転の問題がとりざさされてだいぶなりますが、 最近はのろのろ運転の迷惑行為が取りざさされています。

 

テレビで報道されているのを見て私は91歳で亡くなった親父の事を思い出しました。

能美島の出身で晩年は能美の家で余生を過ごしました。

元気な頃は軽トラで広島と能美島を行ったり来たりしてました。

蜜柑や野菜を作り私たちに届けてくれました。 当時の車はマニュアル車です。 チェンジを切り替えずセカンドでずっと走ってました。

 

 

能美島に暮らしている従兄弟が私が能美島に帰ると 「徹君能美島の道路が大渋滞で連なっていると思ったらおっちゃんが セカンドで音を立てながら排気ガスをまき散らしながらゆっくり走っている。

 

クラクションならされても知らん顔?大迷惑掛け取るよ?」 本人は余り迷惑かけて居ると思ってない? 「親父ちゃんとチェンジをかえて運転しないと」 言ったら「おお!そうか!」 と答えるのですが・・・・・ たびたびクラッチを滑らせて故障させてました。 昔のなつかしい思い出です。

 



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ