佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 社長ブログ > 10月 2021

社長ブログ

社長ブログ

「日本と西洋では構造の原理が違う」広島 注文住宅
投稿日:2021年10月31日

 

「剛構造と柔構造」

日本では高さが30メートルを超える建物は建てる事が出来ない時代がありました。

この数字はたいした根拠はなく日本は地震国だから高く建てるのは危険で、
百尺を限度にしよう程度の曖昧さで決められた規定でした。

高い建物が横の揺れに弱いとする理由は、下での少しの変形が、
上では非常に大きくなるから危ないと言う構造原理からきていた様です。

それは建物を剛体としてつくるからで、柔体としてつくれば下での変形は中間で吸収されるので上での変形は大きくならない。

という構造理論が新しく誕生してから、瞬く間に町に高層ビルが林立するようになりました。

五重の塔が1300年もどんな地震にも耐えて残ったのは柔構造からだと言うのが柔構造の超高層ビルの出現の原点だった様です。

スカイツリーも五重の塔の木の心柱をヒントに鉄骨の心柱をつけているそうです。

西洋は石造、コンクリート造と剛構造です。

日本の木造は柔構造です。



ページ先頭へ
「やっぱり日本人は住宅は木造が良い?」 広島 注文住宅 工務店
投稿日:2021年10月24日

「住みやすいのはなんと言っても木造」

日本人が何故木造を好むのか?

分析すれば様々の要素があるでしょう。

 

 

いちばんの要素は安らぎを感じられる空間だからという事ではないかと思われます。

木に安らぎを感じられるのは木が自然素材だからだと言えますが、石も自然素材ですよね?

でも石造りの家に日本人は住みたいと思うでしょうか?

住みたくないと思います。

 

 

それではヨーロッパの人はどうでしょうか?

ヨーロッパの人はおそらく石造りの家に安らぎを感じるでしょう。

彼らは石造りの家に昔からなれ親しんで住んできているからです。

 

こう考えて見ると国土の70%以上が森林の日本人には

DNAに木が組み込まれているからかも知れません。

しかし現在はまがい物で木に似せた

物が沢山でています。

このことは日本人が木を好む事の裏返しかも知れません。

 

 

まがい物には節がありません。

まがい物は綺麗過ぎるのです。

本物の木だから節はつきものとも言えます。

 

まがい物は無節だし安い。

それにまんまと乗せられているとも言えます。

からだに良い100の知恵

吉田桂二著参照

 

 



ページ先頭へ
10年点検 広島 注文住宅 工務店社長ブログ
投稿日:2021年10月17日

先日10年点検で段原のT様邸に行って来ました。

高齢のお母さんとご夫婦の終の住処として建てさせて頂きました。

お母さんはいまは高齢者施設に2年前から入所されているそうです。

99歳になられるそうです。

10年経つのは早いですねと言う話になりました。

杉普請の家は経年変化で良い色になっていました。

美味しいコーヒーを頂きました。

仏間のある和室6帖です。 天井には本格的な竿縁天井に杉の無垢I板の赤白を張りました。 経年変化で赤白目立たず調和しています。

昔話に花が咲きました。 美味しい珈琲を出して頂きました。

和風のデザインです。 お施主様のご要望で瓦ではなくガルバニュウム鋼板を葺きました。 洋デザインやシンプルモダンや勾配の関係でガルバニュウム鋼板使う事はありますが、和デザインでは珍しいです。

10年点検と言うことで観葉植物のガジュマルをお届けしました。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ