佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「床座の生活」   広島 工務店

社長ブログ

「床座の生活」   広島 工務店
投稿日:2018年09月17日
すふ床座の生活
昔の日本人の生活は全て床座の生活でした。
 洋風の家が取り入れられて椅子座の生活も取り入られました。
しかし西洋と根本的に違うのは土足で家に入ると言う
生活様式は未だ日本人に抵抗感が有ります。


 表面的に西洋の住宅の様式をまねても民族の違い、気候条件の違いからか
 なかなか椅子座の生活には心底からはなじめません。
 特に年代のいっている人は特に・・・・
昔の日本の庶民は布団とちゃぶ台だけで住めました。


 昔の庶民は持ち家比率は極端に少なかったようです。
よく時代劇にも出てきますが、貧乏長屋暮らし
庶民は大荷物になる家具類などは、箪笥の数本ぐらいのもの
気軽に?らくらくと引越しも出来たようです。


ところが近年になり生活様式の立式化により、多くの家具類を
持つようになりました。
 冷蔵庫、洗濯機、テレビが普及するようになって
高々50年余りにすぎません。


 現在日本の家庭には家具類をはじめ物があふれるほど増えました。
 私の会社の近くにもトランクルームなる物が沢山出来ました。
 思い出も含めてあふれ出るものを捨てるに偲びず
 トランクルームを愛用している人も多いように
聞きました。


 収納の本などに一年間使わないものは基本的に
要らない物だから捨てなさいと書いてあっても
 いざ捨てるとなると勿体なくなり部屋が納戸状態
になります。
 私の家もご他聞にもれず空き部屋は全て納戸状態です。





ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ