佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「住宅の外観スタイルについて」 広島 工務店

社長ブログ

「住宅の外観スタイルについて」 広島 工務店
投稿日:2018年07月4日
住宅の外観スタイルについて

最近の若い人は8割以上が洋風の家を好まれます。

それは仕方がない事の様です。

生まれた時からテレビで見る家は大手プレハブの家ばかりですから?

洋風な家が日本の家だと思っています。

先日こころの団地の住宅展示場に行きました。

29棟の展示の住宅中、外観が和風と思えるのは2棟しかありませんでした。

広島では大きいビルダーのY木材さんの家は外観は和風でした。

広島の木で造った家と言うふれこみだったので、無垢の木をふんだんに

現した住宅なのかと期待してみましたが、期待はずれでした。

こころは30代の若い世代の人の団地だから・・・・

梁を化粧で現したり真壁の家は受けないのでしょうか?

洋風は今流行りのシンプルモダンの外観の家は、軒の出が少ない

また軒の出がない家もあります。

窓の霧よけ(窓ひさし)がない家が殆どです。

北欧の家をまねているのでしょうが?

日本の様に高温多湿で梅雨があり雨量の多い地域で、

雨が少なくて太陽の日射が少ない国の外観をまねたら

どうなるでしょうか?

外壁に雨が降るたびにあたります、そして熱い日差しが外壁にあたります。

軒の出の少ない家や、窓の庇のない家は、外壁の劣化が早く来ます。

建築の専門家なら常識ですが・・・・・

西洋の家は壁文化、日本の家は屋根の文化と言われています。

高温多湿で雨の多い地域では、軒の出を取れるだけ深くとり、

窓の庇もしっかり取ることがメンテナンスの期間の長い

ランニングコストの安い家となります。

Q.「広島には広島の家づくり」 広島で家を建てるために必要なことは?
 >>>> 「3時間で一生の得をしたと評判の住まい塾」へ

Q.広島に家を建てる7つの秘訣は?

>>>> 「広島に家を建てる7つの秘訣」小冊子請求へ 

Q.「こんな家があるなんて!」こんな感想が寄せられる家を体験するには?

>>>> 基礎工事体験会から完成工事まで様々なイベントをチェックへ


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ