佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「吊り戸棚は無用の長物?」広島 工務店 木の家

社長ブログ

「吊り戸棚は無用の長物?」広島 工務店 木の家
投稿日:2020年05月20日

物をいれたら入れっぱなしになる吊り戸棚?

キッチンの流し、調理台、ガス台(IH)などの並びを作業ラインと言います。

I型キッチンだと外部に面して窓があります。

そして窓から上には吊り戸棚を通常つけます。

戸棚だから確かに物は入れられますが、いちどいれたら入れっぱっなしになる事になります。

180センチ以上の棚は脚立でもないと物が取り出せません。

脚立に登って物を出し入れるのは危険を伴います。

対面キッチンの場合は吊り戸棚をつけると、オープンな開放感がありません。

外部に面したI型キッチンの場合はダウンスロー付きの吊り戸棚をつけるという選択肢はあります。

ガス台にするかIHにするかはそれぞれの家庭の食生活によって選択すれば良いと思いますが、光熱費はIHにしてオール電化にした方が安くつきます。

「広島で自然素材を使用した木の家なら佐々木順建設にお任せください。」

「次回の住まい塾は5月24日に開催いたします。」



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ