佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「富田林の金剛荘」広島 工務店 木の家

社長ブログ

「富田林の金剛荘」広島 工務店 木の家
投稿日:2020年04月26日

「金剛荘 当時住んでました。高級文化住宅という触れ込みでした。」

ポールの京セラドームでの公演を見た翌日の4月22日に、
昔、新婚時代に住んでいた喜志に行ってみました。

何せ今から40年前の事です。

急に思い立ったので住所も分かりません。
メールで女房に調べて貰う様にしました。

道行く人に尋ねて歩くうちに交番を見つけて入りました。
おられたのはお巡りさんではなく交通巡視員の名札をつけていた
おじさんでした。

「40年前に住んでいたアパートを探しています。

住所は喜志町2丁目3の1です。」

地図を出してめくりながら探してくれました。

「金剛荘ですか?」

「ハイ!そうです」

名前は忘れていたのですが「金剛荘」名前を聞いたとたんに思い出しました。
偶然にも交番の裏にありました。

懐かしい昔の面影そのままでした。

「40数年経っています。
メンテナンスをちゃんとしているのしょう!
40数年も経っている建物には見えません。」

私らの住んでいたのは1階のいちばん奥でした。

2階の住民のおばさんが洗濯物を干していました。
写真を撮っていると怪しまれる?ので声をかけました。
「このアパートに40年前に住んでいたことがあるんです。
懐かしいので訪ねて来ました。当時と周りが随分と様子が違います。」

「そうですか~それは懐かしいでしょうね~」
と言われました。

「私らが新婚時代に住んでいた部屋です。
107号室とありました。」

昔の事が走馬灯の様に思いだされました。

K建設の大阪支店に現場監督として勤務して3年目に結婚しました。
当時の勤務が富田林に本部のある、PL教団の仕事に従事してました。

富田林に近い貴志で、まだ新しいアパートを探して住みました。
当時は高級文化住宅と言ってました。
まだ鉄筋のマンションなどは余り無い時代です。

ここで長男の順一郎は生まれました。

今やその長男も40歳になりました。

新婚生活2年目に出来た子です。

当時の鉄筋会社の親父が私に真顔で
「わしは骨相学をまなんでいるのだが、あんたは種が少ない相をしている。
避妊しているのならすぐに子作りに励んだほうがええよお~」と言われました。

私は家に帰り女房にそのことを話しました。
生真面目な女房もそれを真に受けてその日の晩から
サック外してしたら、それからすぐに妊娠しました。

そのことを鉄筋会社の親父に話したら、
「あんたわしの言う事、真に受けたんかあ~」

それは無いぜベイビー~

長文のブログを最後まで読んで頂きありがとうございました

「広島で自然素材を使用した木の家なら佐々木順建設にお任せください。」
「次回の住まい塾は5月10日開催予定です」



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ