佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 社長ブログ > 「小さく作ってひろく使う」 広島 注文住宅

社長ブログ

「小さく作ってひろく使う」 広島 注文住宅
投稿日:2020年01月28日

小さく造って広く使う

家は部屋を多くして区切り、小間割り間取りすればする程大きくなります。

部屋で区切れば廊下の無駄な空間も増えます。

床面積が大きいのに何故か広く感じない家になります。

また小間割り間取りの家は風通りも悪くなり、日照も悪い家になります。

建て替えなどでは家の坪数を大きくしたのに何故か

あまり広くなった気がしないと言う事が起こりがちです。

それは部屋数が増えただけでひとつひとつの部屋の広さが

変わらない場合におきます。

人間は同時にふたつの部屋に身を置くことが出来ないからです。(笑い)

部屋数を必要以上に多くすると掃除も大変ですし、

普段使用しない部屋が出てきます。

子供が出て行くと子供部屋は全く空いてきます。

ますます使わない部屋が増えてきます。

空き部屋はすべては物置き状態になります。

納戸だらけの家になってしまいます。

部屋数はなるべく少なくして普段は広く使います。

必要な時に引き戸で仕切る様に造ります。

小さく造って広く使うのが広がり空間の家づくりの秘訣です。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ