佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「自然素材に調湿効果」 広島 注文住宅

社長ブログ

「自然素材に調湿効果」 広島 注文住宅
投稿日:2020年01月13日

素材による調湿効果

窓以外の湿気対策は大丈夫でしょうか?

壁の中。床下。

目に見えない所なので、とても心配ですね。

前回、高気密高断熱の家を

セーターにウィンドブレーカーに例えました。

通気性を持つ素材や汗を吸収する素材が、ムレ対策です。

家で言うと、

通気性は、換気。

汗を吸収する素材は、木や土壁のような素材、ですね。

今日は、素材による調湿効果の話です。

まずは、市販の調湿剤。

特殊な素材で湿気を吸収するものですが、

化学物質を含んでいるのかいないか?が気になるところですよね。

化学物質を含んでいない「自然素材」でなければ意味がありません。

家を造っている材料そのもので調湿する方法も大切です。

昔ながらの家は、

床や天井に「板」を張ったり、壁に「漆喰」が塗られていたり、

ふすまや障子に「紙」を張ったり・・・。

こういった素材だけで建てられていました。

特別なものではなくて、木や土、紙や畳など、ごく普通の素材ですが、

「呼吸する素材」なんです。

呼吸する自然素材を使用して、家そのもので呼吸させる

家づくりをすれば蒸れない家が出来るのです。







ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ