佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「医学部は入るより出る方が難しい?」 広島 注文住宅

社長ブログ

「医学部は入るより出る方が難しい?」 広島 注文住宅
投稿日:2019年12月29日

医学部は入るより出る方が難しい?

最近若いお医者さんのお客さんから聞いた話ですが・・・・

お医者さんになるには国家試験に合格しなければいけません。

この国家試験は当然ながら大変難しいそうです。

大学の医学部は国家試験の合格率が大学の優劣を

決める基準になるそうです。

それが故、医学部の卒業試験は大変レベルが高いそうです。




国家試験のレベルが100としたら卒業試験のレベルは

120くらいだそうです。

また進級も大変難関で留年する人も結構いるそうです。

大学は12年在籍出来ますが12年間で卒業出来ずに

除籍される人も毎年若干名でるそうです。




私学では国家試験の合格率を上げるために

60パーセントくらいしか卒業させない

大学もあるようです。

進級試験で合格点が取れるまで留年させるそうです。




お医者さんになれば高収入が保証されますが・・・・

医学部に入れても勉強のする範囲が膨大なので頭が良くても

入学試験以上の勉強をしないと6年では卒業出来ないそうです。




ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ