佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「間取と凶悪犯罪」 広島 注文住宅

社長ブログ

「間取と凶悪犯罪」 広島 注文住宅
投稿日:2019年11月21日

間取りと凶悪犯罪

凶悪犯罪が日本に多発しています。

かつて日本は凶悪犯罪と無縁の国だと言われて来ました。

当時アメリカで多発する凶悪犯罪に対して

病んでる国アメリカと言われていました。

それが今では日本はどうでしょうか?

新聞紙上に殺人事件の記事が載らない日が珍しい程に

眼を覆いたくなるような凶悪犯罪が起こっています。

かなり昔になりますが凶悪犯罪を起こした子供の家の間取りの本が

出たことがあります。

幼女の惨殺事件、バット両親の殺人事件、神戸の猟奇殺人事件など・・・

凶悪犯罪を生んだ子供の家の間取り図が載った本です。

事件発生のすべてが家の間取りのせいではないでしょうが・・・・

不思議な事に共通した間取りの特徴がありました。

それは階段の位置と玄関と子供部屋の関係です。

玄関があってホールがあって廊下に通じて階段がついている。

階段から子供部屋に入れる間取りになっていました。

家族と目を合わさずに自分の部屋に出入りでき外部にも

簡単に出ることが出来る。

家族の会話や触れ合いが疎外された

小間割り間取りなっていました。

戦後の高度成長期の西洋型小間割り間取りが

かつての日本の家族制度の崩壊につながり、

その事が凶悪犯罪を日本にも多発してきた原因の

一端となったと言えるのではないでしょうか?



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ