佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「住宅の資産価値とは?その2」  広島 注文住宅

社長ブログ

「住宅の資産価値とは?その2」  広島 注文住宅
投稿日:2019年10月18日

住宅の資産価値とは?その2

最近住宅の資産価値が日本でもやっと言われるようになりました。

重要文化財に指定される日本の武家屋敷や民家などの様に

日本の伝統の木造住宅は、長い年月の変遷に耐えてきた住宅です。

戦後高度成長期に大量生産されたプレハブ住宅や木骨住宅は

工業製品を大量に使って建築されました。

工場で大量生産されて部品化された組み立て住宅や

稚拙な間取りの住宅は高度成長期もあり

20年足らずで建て替えされる

短命住宅となりました。

最近になりやっと国も長期優良住宅を言い始めました。

欧米に較べて中古住宅の流通が極端に少ないには、住宅を消費材と考えてた政策を取ってきた国にも大部分の責任があるのでしょう。

戦前の住宅の様に本物の材料を使った長寿命の住宅こそが資産価値のある住宅と言えます。

間仕切りは可変的な襖や障子で仕切り、大きくも小さくも使える

自然素材を使う事により経年によりより味わいがます昔の家造りこそが

「資産価値のある住宅」の原点です。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ