佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「贈与税の特例の活用」広島 注文住宅

社長ブログ

「贈与税の特例の活用」広島 注文住宅
投稿日:2019年08月14日

景気が良くない今は住宅の時限立法を活用しましょう。

景気が停滞気味の時は住宅にたいして手厚い補助が出てみます。

特に10月1日から消費税が10%になるから、住宅の着工数を落とさないためにいろんな時限立法が組まれています。

そのそのなかでも特筆すべきは住宅取得に際して、自己資金と言えば現金や預貯金というイメージがありますが、住宅の贈与税の特例を知っていれば、両親や祖父母からの贈与が最大限3110万円まで贈与税がかかりません。

相続時精算課税という方法もありますが、相続税の場合は基本の控除額などや

税率が変更になる事も考えられますから、住宅取得金の贈与に係わる贈与税の非課税処置を選択された方が良いとおもいます。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ