佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「最後の授業」広島 注文住宅

社長ブログ

「最後の授業」広島 注文住宅
投稿日:2019年08月18日

最後の授業
昨日AFPの最後の授業がありました。
8月31日に模擬テスト、9月14日が本試験です。
昨日は夕方二男の孫二人が嫁さんに連れられて会社に
来ました。

長女の心寧だけはまだ帰らないでいるといいます。
「今日の授業は不動産運用だから受けなくてもいいかな?
可愛いココと家で遊ぼうか?」
という誘惑を振り払いながら授業に行きました。

授業の上手いT先生いつ聴いても授業が分かりやすく、おじんギャグは
いつも私だけには受けます
やはり来て良かったと思いました。
自分のある程度専門分野と思っていても知らないことは
たくさんあります。

授業が終え駐車場に行く道すがら家に電話しました
すると電話はココがとりました。
「もしもしじいじい?」
「ココちゃんか?」
「そうですよココです」
「今からじいじい帰るから、ご飯出来てる?」
「今作っている所ですよ」
「ビール冷凍庫に入れとくようばあばあに言っといて」
「はいわかりましたいっときますよ」
電話の向こうから話すココはひどく大人びて聞こえました。

これが3才半の子供だろうかと思えるくらいの
おしゃまぶり

帰るとココはもう食べ始めていました
おかずはココの大好きなハンバーグでした。
女房が「おじいちゃんココもご飯作るお手伝いしたんよ」と言います
私が「ココちゃんも一緒にお手伝いしたの?」
と言ってやると嬉しそうに「そうよお手伝いした」と答えます。
「じいじい美味しい?」
と聞くので「ココちゃんがお手伝いしたからいつもより美味しい」
と言うと「良かった」と満面笑みです

ココの可愛さにまたまたノックアウトの私でした。

今ではココも中学3年生になり、ブラスバンドクラブで頑張っています。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ