佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「住まいは夏を旨とすべし」広島 注文住宅

社長ブログ

「住まいは夏を旨とすべし」広島 注文住宅
投稿日:2019年08月1日

徒然草で吉田兼好法師も「住まいは夏を旨とすべし」
と言われております。
広島の様な温暖な地域で冬型の高気密高断熱の家が
本当に必要だと思われますか?

夏向きの家を建てよう

昔は欧米の人から日本の住まいはウサギ小屋みたいだと
揶揄され大きく傷つきました。

しかし今や日本の住宅も年々大きくなっていきました。
去年の統計で140㎡位アメリカはともかく欧州は持ち家比率は
少なくアパートメント暮らしの方が多い様です。

昔の日本の家屋は家具と名のつくものは少なく
庶民は多くは借家住まいで持ち家はごく限られたお金持ち。
手軽に引越しが出来るように家財道具も箪笥が数点・・・
和室の造りそのものが多目的に使えるように工夫されていました。
畳はちゃぶ台を出せば食事が出来る。

ちゃぶ台をたたんで部屋の隅に立てかけて、
布団を引けば寝室になる。
障子、襖の類は開ければ大広間閉めれば小部屋に仕切りある程度の プライバシーが保てます
実に上手く考えられてます。
徒然草で吉田兼好が「日本の住まいは夏を旨とすべし」と書きました。

蒸し暑くしのぎにくい夏を過ごすには風の通り抜けを簡単に
可能にする引き戸の工夫は不可欠のものだったのでしょう。
外部の環境と遮断する造り方の西洋の住宅に較べて
日本の住宅は外部の環境に溶け込むように、
上手く自然を取り入れるように
造られて来たといえます

地球の温暖化により夏の暑さが年々酷くなる今日
最近の高気密高断熱の住宅は甚だ疑問と言えるのでは
ないでしょうか?

こういった住みやすい家について分かり易く教えていただける場が有ります。ご興味が有られる方は、是非ご参加してみてください。
「住まい塾」http://www.sumaijyuku.com/



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ