佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「家内は中学の同級生」広島 注文住宅

社長ブログ

「家内は中学の同級生」広島 注文住宅
投稿日:2019年07月19日
今の女房とは、中学時代の同級生で、大学の三年生の時か
ら付き合っていたので、広島に就職するつもりで、地元のゼ
ネコンの入社試験を受け内定していたのですが、親父に勝手に
断りに行かれて、東京の中堅ゼネコンに行く羽目になりま
した。



学生の分際で女( 今の女房です) とチャラチャラして
いたので、広島に勤めさせたのでは修業にならないと思った
のでしょう。
その時は腹が立ちましたが、今となっては、その時の経験
が非常に役に立ち、親父に感謝しています。



その会社では、
希望して大阪支店に配属してもらい、住宅公団、大阪府、民
間などで、鉄筋コンクリート、鉄骨造等の多種多様な建物の
現場監督として、六年余り勤めました。親父も年もとって来
たし、私が、一級建築士、宅地建物取引主任者の資格も取得
した事もあり、昭和五十三年に、親父の会社に入りました。
組織の大きい所から、小さな工務店に帰り、何から何まで親
父のやり方が古く思えて、帰った当初、二年ぐらいは親父と
いろいろなことでよく衝突しました。



 今考えると商売のイロハもわからないのに、生意気
なことを親父に言ったものだと、深く反省しています。
長男が4 才、次男はまだ4 ケ月、女房にもすぐ事務所を手
伝ってもらったので、乳飲み子をかかえながらで、女房には
苦労をさせました。ちょうど第二次石油ショックの後で、仕
事量もあまり無く、女房と二人で、手作りのチラシを作り、
会社の近隣地域を一軒一軒ポスティングしたりもしました。
 今ではそれも良い思い出ですが、現場監督しか経験のな
い私にとって、当時は、ドアホンを押すのが嫌で嫌で
たまらなかった記憶があります。




ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ