佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「汗をかく」広島 注文住宅

社長ブログ

「汗をかく」広島 注文住宅
投稿日:2019年06月20日

汗をかく
私の親父は一昨年91歳で亡くなりなした。

仕事が趣味のような男で幼心にも日曜祭日も無く

仕事をしていた記憶が有ります。

一線を離れても倉庫のかたずけ、残材の整理、

木材を処分するとお金がかかるので集めて倉庫で燃やしてました。

時々近所から苦情の電話があり困りました。

私が「昔と違い今は物を燃やす時代ではないのだから近所迷惑だから燃やしんさんな」

といくら注意しても「それがどうしたんな」と言ってなかなかやめてくれませんでした。

親父は昔私が高校生の頃

「徹、世の中頭使って飯を食うか、体を使って汗を流して飯を食うか

二つに一つしかないぞ」と言いました。

さらに「頭だけで世の中を渡るには余程頭が良くないと無理だ。

お前にその頭が有るか?」とも言われました。

それほど頭が良くない私に親父は汗を流して働く事の大切さを教えてくれました。

我々建設業界は一人一人の職人さんの汗と技で建物が造られて行きます。

私の次男も今大工さんの修行で毎日汗水たらして働いています。

これかの季節は湿度の高い暑さの日がやって来ます。

外で体を使って働く人にとっては大変だと思います。

クーラーの効いてる所で働ける人は感謝しましょうね。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ