佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「いがもち」広島 注文住宅

社長ブログ

「いがもち」広島 注文住宅
投稿日:2019年06月11日

2008年08月09日    ライブドアー佐々木徹ブログより
祭りの食べ物

子供の頃縁日の祭りの時、私が一番愉しみだったのが
ほかほかに蒸しあがった「いがもち」をほお張りながら
屋台を歩き回る事でした。

あんころ大好き人間の私にとって初めて「いがもち」を口にした時
「こんなに美味しい食べ物がこの世に有ったのか?」と
感涙に打ち震えました。

いがもちは呉の祭りには欠かせないもので、
米の粉ともち米の粉を混ぜて作った生地であんを包み
鮮やかに色染めした米粒をつけて蒸した、蒸し菓子のようです。

そうか小学校の頃、比治山の祭りで夢中になって食べた
「いがもち」表面についていたピンクや黄緑の飾りは
米だったんだ~

子供の頃のだんだん薄れ行く思い出の中で、甘いもの大好き人間で
特にあんころ系に目の無い私にとって「いがもち」は忘れられない
懐かしの味覚です。

呉の苗代町にある大原製菓店さんでは、今でもいがもちを生産されているようです。
広島市内のスーパーでも、月に1~2度は対面販売されているようです。

盆前から呉の広でM様邸の工事が始まります。

 大原製菓さんを捜して昔懐かしい「いがもち」を食べてみようか
 と今からよだれをたらしている甘党の「トオルちゃん」
でした。




ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ