佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「神戸時代の思い出」 広島 注文住宅

社長ブログ

「神戸時代の思い出」 広島 注文住宅
投稿日:2019年06月8日

2008年06月20日

神戸時代の思い出

私は関西で現場監督の修行をしていました。
 大阪や神戸の現場を転々としました。
 新婚時代は河内長野の富田林市の喜志に住んでました。

 神戸のひよどり越えの住宅公団のアパートを8棟
12ヶ月くらいの工期で施工しました。







 最初は富田林から阪神高速をぶっ飛ばして週に2回くらい
自宅から通い、後は現場寄宿舎で寝泊りしてました。

その時の現場主任は優しい人で支店に掛け合って頂き
現場の近くの神戸の鈴蘭台に引越しできました。







 閑静な住宅地でそこでは高級文化住宅?に住みました。
 何故か関西では所謂木造の世帯アパートを
 こう呼ぶのです

若い新婚の夫婦がその高級文化住宅に8世帯住んでました。
その頃の思い出は次号で続きを書きます。







ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ