佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「千代田の木材市場」 広島 注文住宅

社長ブログ

「千代田の木材市場」 広島 注文住宅
投稿日:2019年05月16日

2011年ライブドアーブログ

千代田の木材市場

5月13日昨日千代田の木材市場に久し振りに行きました。

高速道路で行くので女房について来て貰いました。

私は運転は苦手です。

特に高速道路の運転はすぐ眠くなります。

ここ何年も行ってなかったので案の定、工業団地に入ってから

少し迷ってしまいました。

それでも何とか着きました。

もう市は始まっていました。

檜の皮つきの板がちょうど競り落とされた所でした。

破風板や鼻隠し板に使用します。

購入しようと思っていました。

ひと足違いでした。

お目当ての杉の盤はいい物がありません。

檜の柱や造作物は沢山仕入れました。

市場長に「珍しい人がきている」とからかわれました。

セリ人のTさんには「佐々木さん10年振り?」とこれまた

からかわれました。

この広島木材市場は広島周辺では一番大きい木材市場です。

全国の木材業者から木材が集まってきます。

それを市場のセリ人が、だんだん金額を下げながら競って行きます。

早く手を上げれば損ですが、競り値が下がるのを慾をかいて

待ちすぎると他の業者に競り落とされます。

その辺の駆け引きが非常に難しいのです。

私は久しぶりだったので感がなかなか戻りませんでした。

昼休みの事です。

佐々木さん10年振りですね?

とからかったTさんが私にしみじみと

「わたしがここに勤めて25年経ちますが、親父さんには

可愛がって貰いました。」

「おい!お前若いのだから気合入れて頑張って早く1人前になれよ

と励まして貰いました。」

と言われました。

私も親父に市場に連れて行って貰い、競りのコツを教えて貰いました。

何回か連れて行って貰ったある日のこと

「おい徹!今日はお前が競り落としてみろ」

何回か私に競り落とさせてみて

「おい徹!だいぶコツが分かったようじゃあ~もうこれからはお前が競りを

やればいい」と言われました。

その頃の事が走馬灯の様に思いだされて来ました。

男気のある親分肌で情も深い本当に良い親父でした。(涙する)

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

無垢材と自然素材で造る本物の健康住宅の勉強会です。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ