佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「倉田百三の文学記念碑」広島 注文住宅

社長ブログ

「倉田百三の文学記念碑」広島 注文住宅
投稿日:2019年05月4日

倉田百三の文学記念碑

昨日定期検診がありました。
体重も2キロも増え、先生に酷く怒られました。
今朝は朝4時半からリキの散歩いつもより距離を伸ばしました。
時間にして三倍くらい
いつものコースから足をのばしました。

丹那町の住宅街を歩いていると立派な石碑が目にとまりました。
倉田百三の記念文学碑とあります。
広島の三次出身の倉田百三は21歳から40歳位まで肺結核を患いながらも
病床で執筆活動を続けて生命力みなぎる青春文学を世に送り出したようです。

その記念石碑によると、25歳の時に医者に療養を勧められて
当時漁村だったその石碑の隣に在った民家で療養しながら
代表作である「出家とその弟子」を執筆されたそうです。


発表とともに当時の青年達に熱狂的に支持され、
大ベストセラーになったそうです。
世界各国で翻訳さ、フランスの大文豪ロマン・ローランが絶賛したと
石碑に有りまし。

リキの散歩中に思わぬ発見がありました。
私はまだ「出家とその弟子」は読んで無いので読んでみようかな
と思いました。

2008年4月28日  ライブドアーブログより



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ