佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「吹き抜けは寒い」 広島 注文住宅

社長ブログ

「吹き抜けは寒い」 広島 注文住宅
投稿日:2019年03月29日

吹き抜けは寒い?

弊社の家づくりは真壁造りと2階は勾配天井が

標準仕様で建築しています。

吹き抜けも子育て世代の家では殆ど設けます。

また1階のリビングは化粧梁を現しで見せています。

吹き抜けや2階の大きな斜め天井の大空間を見学された方の

「これでは冬が寒いし夏にはクーラーが効きますか?」

と冷暖房の効きを心配されます。

しかし大きな吹き抜け空間にして冬に寒いとか夏に冷房が効かない

と言う様なクレームはほとんど有りません。

無垢の木の断熱性能はグラスウールの半分くらい有ります。

また弊社の家の壁はシラス壁か越前和紙が標準仕様です。

床は厚い30ミリの杉板、梁も現し、天井も無垢の杉板

壁も屋根も通気工法で断熱材もフェノバボードか、ミラフォームという

高断熱材を使用しています。

合板とビニールクロスの高気密高断熱の家よりも

夏の冷房の効きは数段優れています。

もっとも夏は風が通り抜ける窓の配置や、吹き抜けを利用して

風が抜けるので冷房の使用回数使用時間は

高気密高断熱の家より極端に少なくて済みます。

家の造り方が正しければ吹き抜けが寒いと言う事は有りません。

それどころか吹き抜けは家全体の温度分布を

均等にする働きも有ります。

吹き抜けを生活空間に設けて2階は子供室に面する様につければ

1階と2階のコミュニュケーションが吹き抜けを通して肉声で取れます。

正しく吹き抜け空間を利用しましょう。

弊社では「広島には広島の家づくりがある」と言うコンセプトの

家づくりの勉強会を開催しています。

興味のある方は下記より是非ご参加ください。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ