佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「私はフジ猫のスミレ」 広島 注文住宅

社長ブログ

「私はフジ猫のスミレ」 広島 注文住宅
投稿日:2019年02月23日

私はフジ猫のスミレ

私の名前はスミレ、フジ猫の女の子なの?

年齢は秘密?本当は自分でもわからないの・・・

出身は鳥取?

鳥取の冬はとても寒いのよ、ホームレス猫の私には鳥取の冬は厳しい

2月の寒い夜にあるスーパーに忍び込んでいると作業の人が入ってきました。

優しそうなお兄さんだったので「にゃお~」と猫なで声を出すと

そのお兄さん猫好きなのか私の頭を撫でてくれました。

嬉しくてそのお兄さんの肩に飛び乗ってしまいました。

作業中のお兄さんは仕事にならないので私をお兄さんの車にヒーターをつけて

乗せてくれました。

仕事が終わるまで・・・

仕事は早朝までかかった見たいだけど・・・

私は暖かい車の中でいつの間にやら夢の中・・・

私はその日からお兄さんのアパートで飼ってもらうに様になりました。

「やったあ!」

修行で鳥取に勤めていたお兄さんは会社の転勤で津山に移りそして

広島の実家の工務店に帰りました。

それに伴い私は鳥取の猫から広島の猫になりました。(笑い)

飼い主のお兄さんは広島に帰り津山で知り合った女性と結婚しました。

新居のマンションでは猫は飼えないので私はお兄さんが住んでた

実家の佐々木家に残されてそのままここで飼われてもう6年も経ちました。

この家には兄貴分の柴犬のリキとオデブリンの茶虎のヤマト君が

先住民でいました。

ヤマト君は猫のくせに柴犬のリキと非常に仲良しです。

いつもひっつきもっつきです。

よくリキの毛づくろいもしています。

「なんで猫のあんた柴犬の毛づくろいしてやるの?」

寝るときにもリキに寄り添って寝たりしてます。

私はどうも犬は苦手なのです。

だって鳥取で野良ちゃんの時に何度犬にほえられたり

追っかけられたりしたからなの・・・・

リキは親愛の情からだと思うのですが、私に近づき鼻をつけてきます。

私は昔の恐怖感からついリキに「シュッー」威嚇して猫パンチをみまいます。

悪いと思うのですがついやってしまいます。

わたしもリキやヤマトと寄り添ってお父さんやお母さんと一緒に寝たいのですが

それが出来ません(悲しいホームレス猫の性?・・・)

そうそう私の元飼い主の優しいお兄さんの順君が

今日島根県に一家で引っ越ししてしまいます。

実家に遊びに来たときは必ず私がいる2階に上がって来てくれて

「おいスミちゃん元気にしてるか?」と

声をかけてくれましたが・・・・

遠く離れるので当分会えなくなります。

島根県での新生活頑張ってね。

私もリキやヤマト君ともっともっと仲良く出来るように頑張りますから

順君も新しい地で頑張ってね・・・

今日は3年前に亡くなったスミレの思い出のブログです。


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ