佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「高気密高断熱の家の窓の役割」 広島 注文住宅

社長ブログ

「高気密高断熱の家の窓の役割」 広島 注文住宅
投稿日:2018年12月29日

高気密高断熱の家の窓の役割?

高気密高断熱の家、窓は重要じゃない?

最近は高気密高断熱の家が多いですね。

冷暖房費のランニングコストが低い とか、

家の中での温度差が少なく(冬のトイレやお風呂も)快適。

などと宣伝されていますが、

高気密高断熱ってどういうことか、ご存知ですか?

通常の床下を外部と考えて風通しをよくする、という考え方とはまったく逆で、

高気密高断熱の家では、床下の空気を外気と遮断して部屋と床下の温熱環境を同じにするというものです。

メリットは、温度・湿度・風・音を遮断できる性能を持つので、

快適な室内空間を保ちつつ、エネルギー消費量を抑えることです。

つまり電気代や灯油代の節約ですね。

でもそれって本当でしょうか?

この続きはまた明日・・・・

私の会社では、家づくりの基本がわかる住まい塾を開催しております



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
不動産情報
お問合せ・資料請求
ページトップへ