佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「佐々木多十」  広島 注文住宅

社長ブログ

「佐々木多十」  広島 注文住宅
投稿日:2018年10月24日
佐々木多十
私の親父の親父、つまり私のお爺さんは佐々木多十と言う名前でした
私が生まれた時はもう死んでました
だから私はお爺さんは知りません。

この前従兄弟の飲み会で、この多十爺の話で盛り上がりました
能美島の庄屋の番頭さんをしていたようです
何処で習ったのか読み書き算盤が達者で、
寺子屋の先生もしていたとか?
明治生まれは文盲の人も多かったようです
村の人にたのまれて巻き紙に達筆な筆文の手紙を
サラサラと書いて上げてたそうです

頭も聡明で田舎では大きい?庄屋の大番頭として陣頭指揮で
采配を奮っていたそうです
その多十爺は長男の武一郎(私の親父のお兄さん)が大のお気に入り
だったそうです
素直に親の言う事を聞き模範の息子
その点うちの親父は父親の言う事を聞かなかった様です。

「武一郎はほんに親孝行息子じゃあ!それに引き換え
順の野郎は不孝行者だ」といつもこぼしていたそうです。

親父がいつも「兄貴は要領が良いから親父の気に入るようにしてた」
と私ら子供に言ってました
武一郎伯父さんは長い事、町会議員を勤めあげ、議長にもなった人物家
でした。
本家の従兄から聞いた話では、子供の頃から親父に怒られた事や
大きい声を出された事は只の一度も無かったそうです。

同じ兄弟でもうちの親父と正反対で物静かなおじさんでした。


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ