佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 社長ブログ > 2月 2022

社長ブログ

社長ブログ

「自己資金はいくら必要か?」  広島 注文住宅 自己資金はいくら必要か?
投稿日:2022年02月26日
自己資金は総費用の20%以上?

住宅資金の基本となる3つのポイントを紹介します。

1,住宅資金をどういう方法で用意するか?

自己資金と住宅ローンの割合
分譲マンションなどで提携ローンがついている場合は頭金10%でも購入可能ですが、
戸建て住宅の新築の場合は支払時期の関係もあり、10%では足りません。

総費用にしめる自己資金は多いほど良いのですが少なくとも20%以上は必要です。

2、わずかな金利差にも注意

住宅ローンの返済は長期間なので、わずかな金利差でも返済金額は大きくかわります。

たとえば2000万円を期間25年で元利均等払いで借りた場合、金利が1%違うと毎月の返済額で約1万円、
25年間で約300万円もの差が生まれます。

目先の金利が低くても変動金利では、将来の金利上昇により思わぬ支払い増加を招く危険性があります。

一般的には低金利の時代は長期間金利が固定されている有利と言われています。

3,いくら借りられるかでローン金額を決めない

借り入れ限度額で借りるのではなく家計上、余裕を持って返せる金額でローン金額を考える。

一般的には返済額は年収の25%以下に抑えるのが望ましいと言われています。

年間返済額の年収に対する比率の上限は、年収の高い人ほど高く、年収の低い人ほど低くなります。

家づくりの基本125参照

弊社では資金シュミレーションのソフト使い丁寧に資金計画をご説明させて頂きます。









ページ先頭へ
「良い家造りは無理のない資金計画から?」広島 注文住宅 無理のない資金計画
投稿日:2022年02月20日
 万全の資金計画を立てることは、良い家造りの基本です。

自己資金と借り入れ金の割合早めに決めることが大切です。

住宅ローンは年収や支払い年数により借りられる限度額が決まってきます。

住宅支援機構のフラット35では年収が400万円未満では年間の返済額が30%以下、

年収400万円以上では年収の35%以下の金額までしか借りられません。

しかし当たり前の事ですが借りたお金は返さなければなりません。

借り入れ可能な限度額一杯に借りてはいけません。

現在の家計から実際に返済出来る金額はいくらかと言う観点からローン金額は考えなければいけません。

住宅ローンには住宅支援機構のフラット35、民間金融機関のローン、財形住宅融資があります。

金利タイプは、固定金利、固定期間選択金利、変動金利がります。

返済額や返済期間によって慎重に選択しましょう。

親から資金援助を受ける場合

自己資金が足りない場合は親から資金援助を受ける事も可能です。

この場合は贈与税の特例を使うと効果的です。

省エネ住宅や長期優良住宅の場合は1000万円までは贈与税はかかりません。

通常の110万円をあわせて1110万円までは贈与税がかかりません。

それぞれの親御さんからもらえる場合は2220万円までは贈与税はかかりません。



親と建物を共有する

親と建物を共有して資金負担部分をそれぞれの持ち分登記にすれば贈与税はかかりません。

親からローンで借りる

返済の事実があれば贈与税はかかりません。

夫婦共有名義にする

負担に応じた比率で登記をします。


家づくりの基本125参照


弊社では資金シュミレーションのソフト使い丁寧に資金計画をご説明させて頂きます。









ページ先頭へ
家造りにかかるお金 広島 住宅住宅 家にかかる総費用 
投稿日:2022年02月12日
家を建てるのに必要な総費用を正確につかんでいる人は意外と少ないです。

内訳は大きく二つに分ける事ができます。

建築工事費と諸費用です。

建築工事費は本体工事費、別途工事費、設計料の3つの費用に分けられています。

別途工事費は一般的に、解体費、地盤改良費、外構費、照明器具、カーテン工事、空調工事、屋外電気工事費、屋外給排水工事費、

引き込み工事費等があります。

また諸費用として、税金、登記費用、住宅ローンの手続き費用、引っ越し費用などもかかります。

家造りにかかる総費用をどこでどう用意するかが資金調達です。

自己資金と住宅ローンの組み合わせになります。

また重要なのはいつどこにどれだけ払えば良いのかという支払いスケジュールを理解しておくことも大切です。

家づくりの基本125参照


弊社では資金シュミレーションのソフト使い丁寧に資金計画をご説明させて頂きます。








ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ