佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「ビギナーズラック」  広島 工務店

社長ブログ

「ビギナーズラック」  広島 工務店
投稿日:2018年07月10日
ビギナーズラック
私は大学時代千葉の大久保の安アパートに住んでました。
前にも登場した小学校時代の親友M君は一浪してH大学に通っていて
場外馬券場のある東京の錦糸町に下宿していました。
私はちょくちょく彼の所へ遊びに行ってました。


日大の4年生のある日友達が「広島(広島弁が抜けず仲間からそう呼ばれてました)
錦糸町に友達がいたなあ~今度の日曜日に場外馬券売り場で馬券を買ってきてくれ」
と頼まれました。
私は競馬新聞を駅で買い、M君の下宿先に行きました。


「おいM、友達から馬券買って来るよう頼まれたんじゃが、わしらも買わんか?
当たったら儲かるらしいでえ~」
M君いわく「そんなに上手くいくかあ~」余り乗り気ではない彼を何とか説得して
競馬専門誌の予想通りなけなしのお金、はたいて4点買い。
それぞれが2千円ずつ出し合って・・・・


彼の下宿さきに帰り私は又競馬新聞みて「おいMわしゃどうもここに書いてある
中穴の2点が入る様な予感がしてきた、あと2千円無いか?」
「アホカもうお金一銭もあるか」
「下宿先のおばさんに借りて来いや」
「お前もう4千円もこうとるのにはずれたら、パア~なのに」
「もしこれを買わずに外れたらお前のせいぞ」
お互い貧乏学生の私たち醜く言い合いしたのですが、結局おばさんに借り
あと2点買いました。


今でもはっきり思いだします。
菊花賞と言うクラッシックレース、ニホンピロムーテとベルワイドが来て
1-2で11200円配当がありました。
わたしがM君に頼み下宿のおばさんに借りてもらい、後で買い増ししたのが当たりました。


それからと言うもの日曜たんびの錦糸町通い、二人とも競馬にはまり、親からの
仕送りを使う破目に・・・
いつものように私がMの所に行くと「お前のせいでわしは競馬にはまり、身の破滅じゃ、もう一切競馬やめたからもう競馬の話しはやめてくれ」
と言います。


ところが万年床の彼の布団から新聞が少し顔をのぞかせてます。
私は鋭くそれを見つけ新聞を引っ張り出すと、
色鉛筆で所狭しと予想に印を付けています。
「M何が競馬やめたんならこれなんじゃあ~」
彼いわく「ばれたか佐々木、なかなかやめられんのお~しかし本当にもうやめようや~」


懲りない私は千葉県にある中山競馬場に直接行き200円馬券でちまちまやり
当分競馬場通いをしたので有りました。
彼は彼で錦糸町で場外馬券通い、似たもの同士のお粗末なお話でした。
私の競馬暦は大阪での建設会社の修行時代も続くのですが、
そのお話しは又の機会に書きます。

Q.「広島には広島の家づくり」 広島で家を建てるために必要なことは?
 >>>> 「3時間で一生の得をしたと評判の住まい塾」へ

Q.広島に家を建てる7つの秘訣は?

>>>> 「広島に家を建てる7つの秘訣」小冊子請求へ 

Q.「こんな家があるなんて!」こんな感想が寄せられる家を体験するには?

>>>> 基礎工事体験会から完成工事まで様々なイベントをチェックへ

ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ