佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 広島 注文住宅 「能美島時代の鮮明な思い出」

社長ブログ

広島 注文住宅 「能美島時代の鮮明な思い出」
投稿日:2018年04月8日
佐々木順建設の2代目社長の佐々木徹です。
私は瀬戸内海に浮かぶ能美島で生まれました。

そして4才までは能美島で育ちました。


私の親父は能美島で大工の修業をして島で建築の請負いをしていました。

高田小学校の移築工事の感謝状がありますから町の仕事も請け負っていたようです。

その時代は島などに牛肉や豚肉などは無かったと思います。

家で飼っていた鶏が卵を産まなくなると親父が鶏をさばいていました。


我が家は道路から3メートルくらい高く石垣で積まれた高台にありました。

隣には田んぼがありました。

親父は鶏の首を石垣の上に置いてチョウノを振り上げて
首をちょん切ります。
首の無くなった鶏は羽ばたきながら下の田んぼに落ちていきます。

それからしばらくは首のない鶏は田んぼの中を走り回ります。
その時の光景は今でも私の脳裏に鮮明に焼き付いています。


広島市に出て来てからもすき焼きにニワトリのもつなどをいれていました。
すき焼きに牛肉を入れ出したのはだいぶしてからです。

時代もそういう時代だったのかも知れません。


Q.「広島には広島の家づくり」 広島で家を建てるために必要なことは?
 >>>> 「3時間で一生の得をしたと評判の住まい塾」へ

Q.広島に家を建てる7つの秘訣は?

>>>> 「広島に家を建てる7つの秘訣」小冊子請求へ 

Q.「こんな家があるなんて!」こんな感想が寄せられる家を体験するには?

>>>> 基礎工事体験会から完成工事まで様々なイベントをチェックへ

ページ先頭へ
お問合せ・資料請求
ページトップへ