佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 家づくりコラム > 「洋間はドアで和室は引き戸で良いのでしょうか?」広島 注文住宅 工務店社長ブログ

家づくりコラム

「洋間はドアで和室は引き戸で良いのでしょうか?」広島 注文住宅 工務店社長ブログ
投稿日:2021年08月15日
洋間だから開き戸和室だから引き戸と言う発想はやめましょう。

開き戸では個室のオンパレードに成ってしいます。

つながりを持たすには少なくとも1間開かなければ開放性がありません。

リビングに続き間として和室を取る場合は3枚戸を引き込み1間半開ける事も出来ます。

ドアは開けた途端に人にぶつかる事にもなりかねません。

車椅子対応などバリアフリーの要素も含むまれます。

引き戸は日本古来の独特の文化です。

住まいはそれぞれの独特の気候風土に合わせてつくられてきました。

ヨーロッパの家は寒くて厳しい長い冬をしのぐために閉鎖的につくられました。

だから常時閉鎖型のドアーになりました。

それに比べて日本の家は蒸し暑い夏を少しでも快適にと風通しの良い開放的な家を建ててきました。

そこから生まれたのが日本独自の引き戸です。

閉めれば個室になるし開けて一室的な使い方も出来ます。

また風を通すに引き戸は大変便利です。





ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ