佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 家づくりコラム > 「夢と現実のギャップ・・・ 第四の鉄則<モデルハウスは見せる為の住宅>」 広島工務店社長の小冊子家づくり7つの鉄則から

家づくりコラム

「夢と現実のギャップ・・・ 第四の鉄則<モデルハウスは見せる為の住宅>」
広島工務店社長の小冊子家づくり7つの鉄則から
投稿日:2022年07月8日


ハウスメーカーはたいてい、数種類の仕様を持っています。

俗な言葉で言えば、上・中・下でしょうか。

表に貼り出している坪〇〇万円は、下で仕上げることですが、そのモデルは展示場にはありません。

何故かと言えば見栄えが悪くて、お客様が集まらないからです。

最高級の仕上げで化粧をしまくって、お客様の夢をかきたてるのです。



何回か打ち合わせを重ねて、人間関係を作ったところで

徐々に現実とギャップを埋めていくという、やり方です。



大きさも、仕様も現実に建てる住宅とは全く違うというギャップ・・・。



モデルハウスは、見せるために作ってあるだけなので、実際の家づくりには、ほとんど参考になりません。

余るだけの予算があれば別ですが、


現実的な話、その住宅会社が実際に作っている家の、

構造見学会、
完成見学会、
10年経った住宅

を見せてもらった方が、余程勉強になります。

自分の予定しているくらいの建坪の家、また、同じ家族構成の家などを見せてもらうのです。



家づくり7つの鉄則をまとめて読みたい方は、下記からお申し込み下さい。

 小冊子 家づくり7つの鉄則の申し込みはこちら


ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ