佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 家づくりコラム > 「冷房の使い過ぎは健康を損ないます」 広島 注文住宅 木の家

家づくりコラム

「冷房の使い過ぎは健康を損ないます」 広島 注文住宅 木の家
投稿日:2020年07月12日

日本の家は徒然草で吉田兼好法師が書いてある様に夏向きに建てられて来ました。

内外とも開放的な広がり間取りにして来ました。

しかし近年欧米化して、小間取りの家となり、ドア🚪ーで各部屋を独立させる様になりました。

空調機を各部屋につけるようになりました。

部屋ごとの暖房は暖かい部屋と寒い部屋の温度差が極端に出て来ます。

これはヒートショックの原因ともなりますし、結露の要因となります。

小部屋はやめて広がりの間取りにすると、暖房が家の各所に行き渡ります。

冬は多少の重ね着をすればそれ程温度を高くしなくてもすみます。

ただし冷房は人体に良くありません。

健康を損なう元凶となります。

なるべく冷房を短期間、短時間で済む様に、広がり空間にして、建具は引き戸にして、風の通る家にしましょう。

寝苦しい夜は、家の中の引き戸を開放して使いましょう。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ