佐々木順建設 フリーダイヤル 0120-740-201
イベント情報はこちら
住まい塾はこちら
資料請求・お問い合わせ
土地情報
佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
佐々木順建設

広島市、東広島市、廿日市市、安芸郡、佐伯郡、呉市の工務店
佐々木順建設は耐震等級3で自然素材の木の家でつくる注文住宅
 平屋・二世帯住宅もおまかせ!

フリーダイヤル 0120-740-201

施工事例

カテゴリ
  • 子育て世代
  • 2世帯の家
  • 終の棲家
  • 真壁の家
  • 通気断熱WB工法
  • 大きな土間のある家
  • 平屋の家
  • 2世帯の家
    2世帯の家
    二世帯住宅は大きく分けて親世帯、子世帯をどのように住み分けるかで3つのタイプがあります。3つのタイプそれぞれにメリットデメリットがあります。 二世帯の家と言っても家族構成・家族の年齢等によって違います。 予算のこともあるでしょう。 しかし長期的な視点から考えるのが、大事な事だと思います。  
    1.完全分離型タイプ  
    ▼メリット   
    ・ご両親が他界された時には自分の子供との二世帯住宅として使える。
    ・賃貸住宅として貸せば賃貸料が収入となる。
    ・プライバシーが確保出来るのでお嫁さんが楽である。
    ▼デメリット
    ・建築時に1番お金のかかる水回りが二世帯分かかる為、建築費イニシャルコストが高くなる。
    ・電気代、水道代、ガス代などの光熱費が二世帯分かかる為、ランニングコストも高くつく。
    2.LD共有で玄関や水回りは分離タイプ  
    ▼メリット
    ・玄関は別々だが子世帯の玄関からLDに動線をつなげているので親世帯
    ・子世帯が集える。
    ・LDは共有するので延べ坪がその分小さく出来る。
    ・スープの冷めない距離が微妙に保てる。
    ・共有のLDで親世帯子世帯のコミニユケーションがはぐくまれる。
    ▼デメリット
    ・水廻りが二世帯かかるので建築費イニシャルコストは高くなる。
    ・光熱費などのランニングコストも高くなる。   
    3.玄関も水廻りもすべて共用タイプ
    ▼メリット   
    ・初期の建築費イニシャルコストが安く出来る。
    ・延べ坪も大きくならなくて済む。
    ・光熱費などのランニングコストも安くてすむ。
    ▼デメリット   
    ・お嫁さんが気を遣う
    ・子世帯が二階の場合は遮音に気をつけなければいけない。
    ・親世帯子世帯で食事の時間や食べるものが違う為、ひとつのシステムキッチンでは対応しにくい。
    イベント予約はこちら
    資料請求はこちら
    土地情報はこちら
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ