佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「幸吉さんごめんなさい」  広島 注文住宅

社長ブログ

「幸吉さんごめんなさい」  広島 注文住宅
投稿日:2018年03月20日
佐々木順建設の2代目社長の佐々木徹です。

幸吉さんごめんなさい

調べましたよ遠藤幸吉さんの事・・・
元柔道家(4段)身長180センチ、体重125キロ(全盛時)
 力道山とともに日本プロレスを創設したとあります。


また1952年には極真会空手の創設者「熊殺し」で有名な
大山倍達とアメリカに遠征して、グレート東郷と合流して
「東郷三兄弟」としてアメリカ各地を転戦したようです。


 力道山が暴漢に襲われ不慮の死を遂げてからは、
 吉村道明、豊登、芳の里とともに
日本プロレスの経営を担ったとあります。


 私にはともかく試合中外人選手の攻撃に直ぐ
大げさに「あいたたた」が印象に
残ってます。


それと前にも書きましたが親父の「コラ!そんなに痛いのが嫌ならプロレス
辞めろ」のきついお言葉


 現役引退してプロレスの解説者をそういえばしてましたが
 その当時の逸話を一つ・・・・
「雌雄を決する」を幸吉さん何を血迷ったか
「オスメスを決する」とおっしゃられたとか


動物学者のようなご発言で視聴者の失笑をかったとか
 でも誰だって勘違いとか覚え間違いってありますよね。

私も昔「団塊の世代」を血迷ったか覚え間違いか
好きな妙齢の美人の人の前で「僕はダンコンの世代です」と発言して
次のデートはママならなかった事が有りました。
 団塊を男根では100年の恋も冷めますよね
 トホホの「悲しい恋の思い出」です。






  



広島には広島の家づくり」 広島で家を建てるために必要なことは?
 >>>> 「3時間で一生の得をしたと評判の住まい塾」へ

Q.広島に家を建てる7つの秘訣は?

>>>> 「広島に家を建てる7つの秘訣」小冊子請求へ 

Q.「こんな家があるなんて!」こんな感想が寄せられる家を体験するには?

>>>> 基礎工事体験会から完成工事まで様々なイベントをチェックへ

ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ