佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい

佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅 二世帯住宅もおまかせ下さい

ホーム > 社長ブログ > 「ローン返済の裏技?」 広島 注文住宅 木の家

社長ブログ

「ローン返済の裏技?」 広島 注文住宅 木の家
投稿日:2022年03月6日
上手なローンの返し方

ローンには上手な返し方があります。

代表的なものに、繰り上げ返済、返済条件の変更、借り換えの3つがあります。

1,繰り上げ返済

毎月の返済額とは別に、まとまったお金を返済する事をいいます。

繰り上げ返済した金額は、基本的には元金に充てられるので、その後の金利も減り、

ローン負担が軽くなります。

繰り上げ返済には、毎月の返済額はそのままにして、元金と利息が減った分、期間が短縮される

「期間短縮型」と繰り上げ返済後も返済期間は変えずに毎月の返済額を減らす

「返済額軽減型」があります。

どちらもローン負担を軽減出来ますが、同じ金額を繰り上げ返済するなら、

期間短縮型の方が金利の軽減効果は大きくなります。

2,返済条件の変更

ローンの返済期間や、ボーナスと毎月の返済比率、返済タイプなどの変更です。

生活にゆとりがある人なら、返済期間を短縮して毎月の支払額を増やせば、返済総額を大きく減らすことができます。

毎月の返済額が一定の元利均等払いから、元金均等払いに変更すれば返済総額を減らすことができます。

他方収入が減ってローンの支払いがきつい人は、返済期間を延長して月々の支払い額を減らす事が出来ます。

3,借り換え

現在のローンを完済して、他のローンに組み替える事です。

高金利のローンから低金利のローンに組み替えたりするのです。

ただ異なる金融機関のローンに組み替える場合は、新規にローンを組む場合と同様な手続き費用や担保設定費用がかかります。

最低でも20万円から30万円くらいはかかります。

ローン残高が1000万円以上返済期間が10年以上の残っている場合で、借り換えの後の金利差が1%以上下がる場合には

借り換えを検討してみる価値があるでしょう。

家づくりの基本125参照

弊社では資金シュミレーションのソフト使い丁寧に資金計画をご説明させて頂きます。




ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ