佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「このワインいくらしたと思う」広島 注文住宅

社長ブログ

「このワインいくらしたと思う」広島 注文住宅
投稿日:2019年08月4日

このワインいくらしたと思う?
二ヶ月連続でブログ書いてます。
いつか途切れるでしょうが、行けるとこまで頑張ります。
私が兵庫県の甲子園口と言うところで、いまや経営破綻した
日本長期信用銀行の単身寮の仕事したときの話です。

東京から太っちょのチャキチャキの東京弁の所長が赴任してきました。
私に「佐々木君こちらにも893は挨拶まわりに来るのかい?」
と尋ねました。
「ええ結構来ますよ」と答えますと「こちらではどうしてんの?」
聞きます。
「ケースバイケースですが、支店で対応しているとか、今所長がいないから
分からないとか、誤魔化せる時は誤魔化して帰って貰ってます。」と答えました。

すると「東京じゃ俺が居る時は、
そんなものは払えないとキッパリ言って帰らせちゃう」なんて
大きなこと言いました。

ある日私が2階のプレハブの現場事務所にいると、
二人組みの方が入って来ていきなり私に仁義を切りました。
一人はいかにも子チンピラと言う感じでしたが、もう一人は眼光鋭く
ドスの効いた声で、何か殺気が感じられて、今まで私も何人もその筋の方は、
お会いしているのですが痺れました。
「今所長が居ないから私では分かりません」と
言うのがやっとでした。

そこへ奴さん何にも知らずにプレハブの外階段を勢いよく
上がってきました。
すかさずドスの効いた方が「所長さんですか?」私が目で合図しているのに
「ああ所長は俺だよ」う~んあんたおばかさん
私目配せしてあげたのに

やくざさんいわく「私はこのへん一帯を取り仕切っているから、他の組は
抑えるからと脅され30年近く前でしたが赤白のポートワインをなんと3万円で
買わされました。
粋間の良い所長さん「あいつ後を抑えてくれるって言ったからよう、後でぞろぞろ来ても
面倒だから払っちゃった方がいいべさ」と急に茨城なまりになります
その後どうなったと思います?

翌日から大変でしたよその筋の方が次々に訪問されましてあそこは簡単に金出すとその方触れ回ったんでしょう
かの所長当分の間チュン太郎でした。

私がそのワインを貰って帰り、新妻に(今は古くなりました)
「このワインいくらしたと思う」と言いますと
「ええこれ1000円くらいでしょう?」と言いますので
「馬鹿このワイン高級品で3万円もしたんだ」と言い
事情を話して二人で大笑いしました。
大先輩コケにしたようで御免なさい
このブログを絶対見ませんように

ライブブログ書き始めた頃のブログです。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ