佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「人と同じパターンを取るな」広島 注文住宅

社長ブログ

「人と同じパターンを取るな」広島 注文住宅
投稿日:2019年07月22日

第二の鉄則
「人と同じ行動パターンを取るな」

家を建てようと決めた時、9 0 % の人は次のような、
同じ行動パターンを取ります。
・住宅展示場のはしごをする
・住宅雑誌を買いあさり、自分のイメージに合いそうな住
宅を探す
・住宅雑誌についているハガキで資料請求する
・新聞オリコミのローコスト住宅のチラシに目を通す
・インターネットホームページの住宅情報を検索する

その結果、頼みもしないのに、営業マンの電話、訪問攻撃
に遭い、敷地調査、プランニング、資金計画など、どんど
ん進められていつのまにやら、契約書にサインしていた。
住宅会社の仕掛けたベルトコンベアーに、まんまと乗せられ
てしまったというわけです。
住宅会社から見れば、効率よくいかに早く契約まで持ち
込む仕組みや仕掛けにはお金をかけます。営業マンの目的は
「住宅を売る」という事ですから、同じ行動パターン
に陥ってもらえば、一番大歓迎なのです。が、ユーザー
はこれに乗っかってはいけません。踏み出す最初の第一
歩を間違うとあとでは修正不能です。あまり考えもせず、
また、考える暇もなく、家を建てる契約をするほど、後で後悔
することはありません。それでは、最初の第一歩は何をすれ
ば良いのでしょうか。

・住宅の本当の役割、基本の理念を勉強する
・現在の生活スタイルを書き出し、不満な所をリスト化す

・総予算を予め決めておく
・いろいろな工法のメリット・デメリットの勉強を
する

最低でもこのくらいの知識を身につけてから、少なくとも
住宅展示場には、行くべきです。それと、営業マンの強力
なセールス攻撃をかわす自信がないなら、アンケート
用紙に実名、住所は書かない事です。

3 月、6 月、9 月、12月は、会社の締め月ですから、特別
サービス価格とかモニター価格などといって、何が何でも契
約書にサインさせようと、ガンガン訪問してきて、必死に売
り込みにかかります。皆さんがスーパーで買い物される時、
たとえ大根一本でも、手にとって重さを計ったり、肌の張り
具合をみるなどして、中にスが入っていないか、筋っぽくな
いかなど、ご自身の今までの経験に照らし合わせて、善し悪
しを判断されておられることでしょう。ところが、汗水た
らして貯めた貴重な大金を使って住まいづくりをされ
る時に大根を買われる時のような知恵が働かず、営業
マンの人柄や、会社の大きさ、住宅会社のモデルハウスのイ
メージなどで簡単に決める方が実に多いのです。住まいに
関する正しい知識や理解が不足したまま、表面的なデ
ザインや機能性のみにとらわれ選択するのが一番危険
です。

営業マンの話の内容が正しいかどうか判断できるだ
けの知識が無ければ、大きな落とし穴にはまってしま

います。




 住宅展示場で見たモデルハウスが気に入って契約した人が、
5 0 坪の敷地に建った我が家を見て、あまりのイメージの違
いに、自分の目を疑い、失望したという話はよく聞く話です。
 分が実際に建てる家とモデルハウスとは、土地の
大きさ、建物の大きさも、また仕様も全く違うものです。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ