佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「住宅営業マンの裏技」 広島 注文住宅

社長ブログ

「住宅営業マンの裏技」 広島 注文住宅
投稿日:2019年04月26日

住宅営業マンの裏技

今日は住宅営業マンの裏技と言うタイトルでブログを書きます

私は住宅営業マンの経験は一度もありません

だからこの話は私の体験談ではないので誤解しないで下さいね(笑い)

最初から値引きしろを見ていて決算だからと言って、

大幅な値引きをするのは住宅メーカーが

日常茶飯事でやる手のようです

期間限定で住宅設備の仕様変更をサービスでつけるのも常套手段

担当の営業マンが上司とペアーで契約を取る

裏技があるのを最近知りました

まずお客様の予算を聞き出しておくそうです

たとえばそれが2000万円だったとします

そうすると第一回目の提示は2400万円で担当の営業マン一人で

持っていきます

お客様は当然「予算オーバーだから」とため息を付きます

そうするとかの営業マンはその場で「OOさんの家は是非建てたいので、

私で出来る目いっぱいの値引き100万致します」

と言うのだそうです

「それでも予算が300万もオーバーしているので」と渋ると

「私が上司と掛け合って本社で特別値引きの決済を取りますので

2~3日待ってください」と言って帰るそうです

そして今度は上司を伴い再度訪問

今度はあと100万値引きした2200万円の契約書も持参して

そして「課長に無理を頼み特別に本社稟議を通して来ました。

是非契約して下さい」

これで殆どの人は契約するそうです

手の込んだ方法ですが、日本人の性質につけこんだ

いやらしい方法ですね

大体最初の提示価格から、200万円も値引きする事、

自体が怪しいですよね

特別値引きとか、決算値引きとか甘い言葉に引っかからない様に

しましょう

最初から値引き分を通常より高くしている様ですから



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ