佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
ホーム > 社長ブログ > 「ソロバンなんか習わなくとも良い」広島 注文住宅

社長ブログ

「ソロバンなんか習わなくとも良い」広島 注文住宅
投稿日:2019年04月6日

ソロバンなんかは習わんでいい

タイトルは、私の小学校3年4年担任の内山先生の言葉です。
私は昭和25年生まれ、当時の皆実小学校は1学年確か15クラスぐらい
あったと思います。

それも1クラス55~6人いたように思います。
現在とは隔世の感ですね、息子の小学校時代で、1学年3クラス位で1クラス40人位、小子化といわれて久しいですが私の頃と比べると、実感いたします。

内山先生はかなり変わった先生で何せ下駄履きで学校に来られてました。
専門は社会、今思えばアカ(今では死語?)だったのでしょう、
アメリカの事えらく悪く言っていたから、事ある毎に・・・

その先生がソロバンの時間に「これからは、電算機の時代だ、将来ソロバンなんか使わない時代になる、従ってわがクラスではソロバンは教えない」
他のクラスが一生懸命シャカリキにソロバン習っている時間は
自由時間、校庭に出て遊びまわっていました。

雨の日は内山先生の軍隊時代の「戦争の話」を聞かされました。
お陰で大学出て、建設会社に現場監督として就職し、大阪支店に配属され、
研修期間中に労務の先輩に「佐々木君、ソロバンしてみなさい」と言われたので
「私はソロバン習ってないから出来ません」と答えると、
「そんなことあんめ~小学校の時習ってんべよ~」と言われました。


この先輩山形出身でかなりなまってました。
他の新入社員はそこそこ出来たので、汗かきながら習うのですが、
出来るはずも有りません。
大変な目にあいましたが、確かにいまやソロバンなんかは一般では無用の長物と成りましたから、内山先生は先見の明?があったのでしょうか?



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ