佐々木順建設 フリーダイヤル 0120-740-201
イベント情報はこちら
住まい塾はこちら
資料請求・お問い合わせ
土地情報
佐々木順建設は広島の工務店、
自然素材の木の家でつくる注文住宅
二世帯住宅もおまかせ下さい
佐々木順建設

広島市、東広島市、廿日市市、安芸郡、佐伯郡、呉市の工務店
佐々木順建設は耐震等級3で自然素材の木の家でつくる注文住宅
 平屋・二世帯住宅もおまかせ!

フリーダイヤル 0120-740-201
ホーム > 社長ブログ > 「親の愛」 広島 注文住宅

社長ブログ

「親の愛」 広島 注文住宅
投稿日:2018年10月31日

親の愛

親孝行したい時には親はなしと言う言葉がありますが
最近では「親孝行したくもないのに親がいる」と言う
川柳があるそうです。



時代が変わりました
日本人の平均寿命がどんどん伸びて行きましたね
最近テレビで「100歳万歳」という番組で子供や孫や玄孫まで
出ていましたが
子供も80歳近いと親子と言う風には見えませんでした。



親父に昔言われたことを最近コンサルタントの牟田学先生も
講義の中で言われました
子供は親を頼みにするものです
親は自分が出来る限りそれに応えてやらなければいけない
だって子供が頼るべきものは親しかないんだから・・・・


私も昔おやじに諭された事がありました
「世間中が見捨てても親と言うものは最後まで子供は守って
やらなければ駄目だ」
生来不器用で昔情けなくも運転免許を取るのに
四苦八苦していた時に教習所の先生に言付け?してくれてました。
私にはひと言も言いませんでしたが、
親の愛は大きいものです。



「かけた恩は水に流せ 受けた恩は石に刻め」

親が亡きあとはこの言葉を観点を狭義に解釈すると
自分が受けた親の恩義順ぐりにまた自分の子供に返してやれ
と言う昔の人の教えなのでしょうか?
少し拡大解釈ですかね。



ページ先頭へ
イベント予約はこちら
資料請求はこちら
土地情報はこちら
お問合せ・資料請求
ページトップへ